GEと日立の次世代型原子炉が認証審査に合格してた日って。。2011/05/25 21:54

金曜日に原発反対デモなので、ケムトレイル監視しようって言ったら、5月なのに台風が来るらしいですよ。米軍予想では福島直撃とか。。

で、早くも今日、25日(水)の昼間に武蔵野周辺はケムトレイルでした。
ということは、明日の午後から雨でしょうね。。


まず、長期予報で雨が降ると言ってから、クスリ撒くのか、なるほど。


ただ、気になるのは、金曜のデモ潰すためなら、今日撒くのは早過ぎるわけで、何か裏があるのかも?と当ブログは考えます。



そこでピンと来るのは、G8主要国首脳会議です。
今年のG8はフランスで5月26日から開かれます

ドンピシャのタイミングですね。。


まあ、洞爺湖サミットの時は、都合良く、加藤智大(KATO TOMOHIRO=
OTAKU TOMO HIRO=オタクどものヒーロー)が、秋葉の歩行者天国でナイフ振り回して、歩行者天国潰してましたけどね=これはデモ潰しですね。
(ちなみにドイツの反グローバルデモとかは100万人規模だそうですよ。向こうの人は皆、いろいろ知ってるわけです。)

311地震と秋葉原連続殺傷事件の加藤智大に死刑判決
http://ccplus.exblog.jp/14493955/



ただ、日本開催でもあれだけだったのだから、反グローバルのデモって、日本じゃそんなに盛り上がらないですよ。
そのデモやってた人が原発反対デモやってるわけですし。
(ちなみに当ブログは『反グローバル』ではなく、『半グローバル』くらいで丁度良いのでは?という立場です。念のため。)


ということは、デモ潰しだけじゃ無い??



それは、日本がG8の場で、どこかの国が不利な振る舞いをしないための仕込みを日本にしておくという事なのでは??

というわけで、自衛隊および漁師の皆様、原発周辺海域や陸地の監視をよろしくお願いいたします。



さて、こんなもの発見してしまった。

以下引用


GE日立ニュークリア・エナジーのESBWRが認証審査の安全性評価に合格

【ノースカロライナ州ウィルミントン 2010年10月26日】
GE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は本日、同社の次世代原子炉である革新型単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)が、米国原子力規制委員会(NRC)の諮問委員会が実施した重要な安全性評価に合格したことを発表しました。今回の合格により、2011年秋に予定されているESBWR技術の認証に向けて大きく前進したことになります。

NRCの独立機関である米国原子炉安全諮問委員会(ACRS)は本日公表された10月20日付けの書面にて、ESBWRに関する最終的な安全性評価答申書を発行しました。同答申書は、NRCが最終的な認証審査に進む前に必要なものです。この時点から認証が完了するまでの所要期間は約1年であるため、NRCはESBWRに関する審査を予定通り終了する見通しです。審査終了後GEHのこの技術は設計認証を得た「第3世代プラス」の原子炉となります。GEは2005年12月にNRCにESBWRの設計審査を申請しました。

答申書にはACRSのアブデル・カリーク会長の名前で「ESBWRは堅牢な設計に基づいており、健康や公共の安全に対するリスクを与えることなく建設・運用することが可能だという合理的保証が得られました」と示されています。

1,520メガワットのESBWRは、世界最先端の受動的安全性を備え、設計が一段と簡素化され、現在市場にあるものの中で最も炉心損傷頻度が少ないものとなっています。さらに、ESBWRの革新的なデジタル計装や制御設計、開発プロセスは原子力に関する規制や世界で認識されている基準を厳密に満たしています。

「EBSWRが受動的安全性や自然循環冷却方式を持つ始めての原子炉として認証が得られるように、私たちは技術力や信頼性を証明することに大変力を入れてきました。その結果として、このように予定どおりに手続きが進み嬉しく思います。ACRSの答申書は、GEHの世界的なサプライチェーンや事務所の拡張とともに、当社の原子力事業に対するコミットメントを示しています。」とGEHのカロライン・リーダ社長兼CEOは述べています。

中略


GE日立ニュークリア・エナジーについて
米国ノースカロライナ州ウィルミントンに拠点を置くGE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は、改良型原子炉や原子力燃料、および原子炉関連のサービスを提供する世界有数のプロバイダーです。GEHは、2007年6月に、GEと日立製作所の原子力分野の事業提携により設立されました。原子力分野における新たな提携関係の締結により、GEと日立製作所は統一された戦略的なビジョンを掲げ、より広範なソリューションポートフォリオを提供するとともに、原子炉の新設や原子力関連サービスを提供する機会を拡大します。この提携関係は、世界中のお客さまに原子炉の稼働率、出力、および安全性の向上を実現するために必要な技術的リーダーシップを提供します。


以上引用終わり 全文は
http://news.glidetechnologies.com/story/11468/ge-esbwr


これってGEと住友化学の合弁会社が311地震の4ヶ月前に日本初の放射性セシウム体内除去剤が認可されてた日http://ccplus.exblog.jp/14623170/の前日ですね。


ずいぶんとまた偶然ですね。

TPP・セシウム除去剤・プルトニウム・拉致問題
http://ccplus.exblog.jp/14680170

311地震の真実が見えてくる年表も見てみましょうか。。
http://ccplus.exblog.jp/14718384/

なるほど〜

で、福島第一原発事故を受けてGEは、これを売り出すのか。。
循環型の冷却システムといえば、現在の汚染水問題がなぜ起きているのか示唆しているような。。



そういえば循環型の冷却システムていうと、福島第一原発事故でも電源が無くなった際に、緊急用の循環型冷却システムが動いたものを、なぜか手動で止めちゃったってことがあったみたいですね。


ということは、監視装置、テレメーター、パラメーターが間違ってたという可能性が高いわけですよ。
間違った情報を元に人間が操作すると、当然間違えます。


だから、監視システムのバックアップなり、テロ対策なりっていうのをやらないと大変なことになるわけです。
電源が死んでコンピューター壊れたら、どうにもならないわけですし。



で、こんなのも発見


GE日立ニュークリア・エナジー、ロッキードと原子力事業で提携
2011.2.17 14:47
 米ゼネラル・エレクトリック(GE)と日立製作所の原子力事業合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は16日、米航空宇宙大手、ロッキード・マーチンと原子力事業分野で提携したと発表した。共同で経済性の高い沸騰水型原子炉(ESBWR)向けの制御システムや原子炉の設計、製造に取り組む。GEHは、ミシガン州の電力会社とデトロイト郊外にESBWR1基を建設する計画で、今回の提携で計画を前進させたい考え。ロッキードは制御システムのほか、シミュレーションやトレーニング支援サービスなどを供給する。

以上引用
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110217/biz11021714490014-n1.htm


ロッキードマーティンが制御システム作るんだって。

日本の会社の制御システムを作らせないために色々やってるんですね。

そりゃあ、国家存亡に関わりますからね、原子力は。当然そうなりますよね。。

しかし、なんでこんな人間の手に負えないもの作ったのか?
ほんとに困ったものだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック