メチャメチャ良書!!「原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論」広瀬 隆著 集英社新書2012/12/10 21:26

「原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論」広瀬 隆著 集英社新書

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-720666-1&mode=1


今、読んでいるのだが、メチャメチャ良書です。


まさに、目からウロコ

徹底的にリアルに原発から脱出する方法が書かれています。

みんな、読んだ方が良いと思います。

この本読んでから選挙に行きましょう。


<目次より>
・日本で電力不足は起こらない
・どこにでも発電機があるじゃないか
・原発を止める具体的な手段がある
・電力会社が設置すべきガス・コンバインドサイクル
・高エネルギーでクリーンな天然ガス
・自家発電による分散型電源の普及が広がる
・家庭で使われるエネルギーの大部分は電気ではない——熱である
・エネルギー業界の主流となったコジェネ
・エネファーム(燃料電池)に期待される未来のエネルギー
・国産の天然ガスとサハリンに眠る巨大資源
・日本近海に眠る深海のメタンハイドレート
・もうひとつの貴重なガスLPG
・都会で利用できる太陽光発電・太陽熱利用
・電力の消費量を減らす方法
・電力コストの真相

内容(「BOOK」データベースより)
電力会社が述べ立てる数字を鵜呑みにしてはならない。原発などなくても電気は足りる。なぜなら、原発分を補って余りある新エネルギー技術が、すでに開発されているからだ。工場エンジニア出身で、かねてからエネルギー問題の研究に注力してきた著者が、最新のデータと知見を動員して「原発がもはや無用の長物である理由」を具体的・徹底的に解説。また、自然エネルギーに過度に期待する風潮にも厳しい批判を加える。これが「脱原発のリアリズム」だ。




 序章 関電の電力不足騒動

 日本で電力不足は起こらない


 本書は、日本の電力不足騒動について、いまだに一部の日本人が気づいていないこと、すなわち「原発がなければ電力不足が起こる」は大嘘だという事実を知らせるための書である。

 つまり、エネルギー業界の人間であれば、誰でも知っていながら、一般国民とマスメディアが知らない (あるいは充分に認識していない) ビックリするような事実ばかりが、ここにある。

 その種明かしを今からご覧にいれたい。

 原発を即時に全廃できる新エネルギー技術が、すでに日本では完全に用意されているのである。

 自然エネルギーの普及を待たずに、である。

 かつて工場エンジニアだった私は、二〇一二年夏前から関西電力(関電)が引き起こした大飯原発再稼働のための陰謀「電力不足騒動」を眺めながら、わが国が世界トップの工業立国を自任してきたというのに、これほど多くの企業家とマスメディアが電力事情について知らない姿に、自分の眼を信ずることができなかった。

 わが国から原発を廃絶するには、本来は、原発の危険性を国民が認識するだけで充分である。しかし市民運動が強く原発の廃絶を求めても、経団連(日本経済団体連合会)のように奇怪な「財界人」なる集団が登場してきて、それを妨害しようとする日本では、エネルギー業界で何が起こっているかを、誰もが知っておく必要がある。

市民運動だけでなく、産業界が共に認識して、手を結んで「原発を廃絶しても何らエネルギー不足の問題は起こらない」というコンセンサスに到達しなければならないのだ。市民連動と産業界が、それぞれ勝手に、別々の未来エネルギーを考えている現状は、まったく好ましくない。そのための具体的な解決策が、すでに実施され、成功していることを実証するのが、本書である。

 答は、すでに目の前にあるからだ。誰もが、目を開いて見てほしい。

 日本が世界に冠たる工業立国であるということは、わが国には、世界トップの技術力がある、ということにはかならない。

その工業界のシンボルである自動車業界でいえば、トヨタ、ニッサン、ホンダ、スズキ、マツダ、三菱、スバル、ダイハツ、イスズなどに代表される有数のブランドがあって、これら自動車の優劣が、「エンジンの性能」にかかっていることぐらい誰でも知っている。

ところがその意味は、それだけではない。この日本中を走り回っているエンジンは、そのまま発電機として電気を生み出せる機械なのである。

事実、ホンダは発電機のメーカーでもあり、ガス業界と組んで最もすぐれた発電システムを精力的に開拓している。

 一方、家電製品や重電機のメーカーにおいても、パナソニック(その傘下のサンヨー)、東芝、日立、三菱グループ、シャープ、富士電機など有数の企業が目白押しで、彼らもまた発電機やモーター類の専門メーカーであり、日本中にそれを普及してきた。

 たとえば洗濯機のモーターはなぜ動くのだろうか。その原理は、中学時代に習ったように、電流と磁石による電磁誘導を利用して、「電気を流す」と磁石の磁場に置かれた回転子が回り続けるという作用である。オモチヤの汽車や自動車が走り出すのは、電池から送られた電気がモーターを回すからである。それに対して発電機の原理は、現在までほぼ一世紀にわたって普
及してきた方式では、ちょうどその逆で、何らかのエネルギーで回転子を回せば、やはり電磁誘導によって「電流が生み出される」というメカニズムを利用している。

 自転車のペダルをこいでタイヤを回せば、電灯がつくことは、誰もが知っている。それと同じ原理だ。その回転エネルギーとして、落下する水で羽根を回すのが水力発電。

 風の力で羽根を回すのが風力発電。ガス、石炭、石油を燃やした熱で水蒸気を生み出し、タービンの羽根に当てるのが、火力発電である。ジャンボジェット機が翼の下につけているエンジンと同じように、ガスを燃やした時に出る噴射力をそのまま利用し、発電機を回すガスタービンもある。

 何も、電気を電力会社から支給してもらわなければ、工業界が死滅するような世界ではまったくない。

 笑ってしまうような話だ。原子力発電のように複雑怪奇で、高価で、危険きわまりない装置をつくったり、使うことが、どれほど馬鹿げているかということは、まともなエンジニアであれば最初に気づく「最も基本的な事実」なのである。

 原子力発電とは、もともと戦争用に、ウランの核分裂エネルギーを利用して原子爆弾をつくった人間たちが、その爆弾の巨大なエネルギーをコントロールしながら発電に利用しようとして考案した道具である。

 ならば、ガスを燃やすより、ダイナマイトの爆発力のほうがエネルギーが大きいからといって、家庭の台所で煮炊きをするのに、ガスコンロの代りにダイナマイトをコントロールしながら燃やそうとは、誰も考えないだろう。

 言い換えると、それほど危険な方法を使って、発電するのが原子力発電である。

 電気なんぞ、こんな危ない方法を使わずに、どこにでもあるエンジンを使って、簡単に誰でもつくれるのだよ。

 ましてや、世界トップを誇ってきた日本の工業界が、こんな発電技術で困るはずがない。

 私が工場技術者だった一九六〇年代には、多くの大工場で、自社の持っている水力ダムや発電機を使って発電することが珍しくなかった。

 ところが一九七〇年代からは、工業界が電気を電力会社に一方的に依存するようになってしまったため、電力会社が電気を送ってくれなければすべての工場やビルが停電すると、現代人が勘違いしているだけである。p-13

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-720666-1&mode=1

コメント

_ 熱湯下痢裸 ― 2012/12/11 08:54

contemporaryさん、お早うござい。

風レンズ風力発電、ユーグレナ、ジオパワー、などもありますね。

ところで、例のX37Bがまた打ち上げられるそうです。

地震に要警戒ですね。

_ velvetmorning. ― 2012/12/11 22:24

熱湯下痢裸さま

ところで、例のX37Bがまた打ち上げられるそうです。

それは、大変な情報ですね!
気をつけないと。。

_ 機械系 ― 2012/12/13 05:48

初めまして。数日前から拝読しています。広瀬隆という人には、30年以上前から注目していて、本も何冊か読みましたし、当時の夜中の討論番組なども熱心に見ていました。最初は彼の主張にうなずいていたのですが、段々と疑問も覚えるようになりました。というのも、酷な意見かもしれませんが、彼は一つの原発も止めることができませんでした。反原発主張者は絶対に原発を認めないというスタンスですから、推進派とは一切妥協点がありません。討論を見ていてもお互いの揚げ足取りしかしていないのです。原発がすでに稼動している状況では、それよりも前に、如何に目の前の安全性を上げるかの議論が必要ではないかと思ったものでした。飛行機だっていつ自分の上に落ちてくるか分かりませんが、その便利さを享受している現代社会でそれを止めろという人はいません。また事故の危険を最小限にすべく、事故が起きれば調査委員が徹底的に原因調査し再発を防いでいます。
原発はというと、反原発論者の手前、事故があってはまずいので、絶対安全と言わざるを得なくなり、そのため事故が起きた際のロボットの開発なども「事故は起きないから不要。」となったり、事故の際の避難訓練一つされていない状況を作り出してしまいました。もちろんこれは原発村の人間の責任ですが、私のような一般人からすると、これは反原発派と推進派のイデオロギー対決で起きた問題であり、極論するとそのいずれにも責任があると思えてくるのです。

広瀬隆は30年前に、(技術的に無知な部分もあり)推進派から「エセ科学者」と言われていました。311の後、テレビのインタビューで広瀬隆が原発村の学者達を「エセ学者」と呼んでいたのが非常に哀れでした。自分がされた仕打ちを30年経って仕返しているだけに見えました。また本来ならこういう立場の人こそ率先して線量を測りに行ったりして警告を発してもおかしくないのではないかと思うのですが、彼がそれをしたというのは見た記憶がありません(もっともそれを強いるつもりもありません)。
アンチ巨人も巨人ファンという見方をする人がいますが、そう考えると、この人も原発のお陰で著書が売れているのです。
反対するのは簡単なのです。評論するだけなら簡単なのです。問題はそれを如何に実現するかです。ドイツだって原発停止してから、電力の買い上げも中止し、電気料金も2倍になりました。ただでさえ中国などとのコスト比較で苦しい日本の中小企業にそれを受け入れる覚悟ができるでしょうか。

ちょっと厳しい意見になってしまいましたが、彼の本は手放しで褒めるものでもないのではないかということでここに書かせて頂きました。

_ velvetmorning ― 2012/12/13 19:35

機械系さま
読んでいないのに批判して何の意味があるのですか?

今回の本は、今までの原発関連の本の中で、間違いなくもっとも優れていると思います。
何十年も勉強して学ぶことはあるんですよ。

エントリに内容まとめて補足しました。

原発を極めて現実的に今直ぐ止める方法とは。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/13/6659220

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック