東京、山梨、大阪を除く四十四道府県議会がTPP交渉参加反対を決議2013/06/18 19:02

環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加に関し全国の四十四道府県議会が、交渉参加に反対か慎重の意見書・決議案を可決していると、東京新聞でやっています。


以下引用



環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加に関し全国の四十四道府県議会が、交渉参加に反対か慎重の意見書・決議案を可決していることが本紙の取材で分かった。全て自民党および同党系議員が賛成した。同党は参院選公約などでTPPの重要性を訴えるが、足元の地方議員は意見書などをもとに全く違う意思表示をしていたことになる。公約を党本部と地方が都合よく使い分け、二股をかける選挙戦となりかねない。 (中根政人)


 意見書・決議は二〇一〇年十月、当時の菅直人首相が参加検討を表明してから議決が始まった。安倍政権誕生後は二十四道府県が可決。このうち十九道府県は、安倍晋三首相が交渉参加を表明した三月十五日以降だった。


 北海道は、反対の決議と意見書をそれぞれ可決。「米国や豪州との競争力の格差は極めて大きく(TPP参加は)地域社会の崩壊につながる」と政府を痛烈に批判している。慎重対応を求めた意見書のうち、群馬は県産品のコンニャクなどを交渉上の重要品目に位置付けるよう求めている。


 意見書・決議案を可決していないのは都市部の東京、大阪と、交渉上の重要品目でない果物が中心作物の山梨の三都府県だけ。TPP推進を求める議決は一つもない。


 自民党は参院選公約で、TPPについて「守るべきものは守る」とした上で、参加が国益にかなうことを明記する方針。しかし今月四日の党全国幹事長会議では、北海道連や高知県連などが政府方針に強い懸念を示すなど、中央と地方のずれが表面化している。


 今のままでは自民党は参院選で、幹部が公約に沿ってTPPの重要性を訴え、地方議員が意見書や決議に沿って反対を訴えるという、有権者には極めて分かりにくい展開となってしまう。


 日本大学の岩井奉信教授(政治学)は「党本部方針に沿わない意見書に地方議会の自民会派が賛成するのは党内の政策調整が不十分な証拠。中央と地方が食い違ったままでは公約の整合性を厳しく問われる」と指摘している。


<地方議会の意見書・決議> 意見書は、地方議会が国の政策などについて意思をまとめ、議決した文書。地方自治法で、国会や関係行政機関に提出できると定められている。決議も、議会の意思を対外的に示すために行う議会の議決だが、可決した内容を国会などには提出しない。

以上引用

tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013061702000146.html



というわけで、44都道府県が、現実的にTPPに反対しているのです。


しかも、自民党の地方議員が反対している。


それなのに、現執行部が、TPP交渉参加と言う。
安倍や石破は、はっきりと、TPPに賛成であると発言している。
麻生太郎は、日本の水道を民営化し、外資に売り飛ばすとCSISの講演で発言しています。


それで、TPPに反対している人たちを左翼呼ばわりです。

以下引用

渋谷には本当に沢山の皆さんが集まって頂き感激しました。聴衆の中に左翼の人達が
入って来ていて、マイクと太鼓で憎しみ込めて(笑)がなって一生懸命演説妨害してましたが、
かえってみんなファイトが湧いて盛り上がりました。ありがとう。
前の方にいた子供に「うるさい」と一喝されてました。立派。彼らは恥ずかしい大人の代表たちでした。


今あそこで今騒いでいる人たちがいますが、こういう、選挙においてはあれは選挙妨害に当たります。
私たち自由民主党は、民主党や共産党や社会党のこういう集会で決してあんなことは、しません!!
私たちはあんな(聞き取り不能)、民主主義に対する挑戦には、絶対に負けない!!
そのことをお約束を申し上げたいと思います。選挙の結果で、示そうじゃありませんか。
ああいう、選挙の妨害は間違っているということを皆さん、一緒に示していこうでは、ありませんか。
あの行為はとっても恥ずかしい行為なんだということを、示していこうではありませんか。
誇りあるにっぽんを取り戻していこうではありませんか。そして私たちは、
私たちの領土を、そして美しい海を、断固として守る!! このことをお約束申し上げたいと思います。
それができるのは、私たち、自由民主党であります。




kenichro yano @soilyano

@AbeShinzo 首相。私はTPP反対街宣の主催者の一人ですが2週間前から告知していた場所に後から来られたのは貴殿らです。私は左翼ではなく正統保守です。政権公約を破って米帝と外国資本の言うとおりにさせ、国民を守らない貴殿に異論を唱えると左翼よばわり選挙妨害?長州の誉極まれり
2013年6月10日 2:14 AM


以上引用

http://hibi-zakkan.net/archives/28197830.html


TPPに一番反対していたのは、全国の44都道府県の議会ですよ。
これ、みんな左翼なんですか??

しかも、地方の自民党、皆反対してるじゃないですか。


自民党は左翼なんだ。

自民党の地方議員達は、左翼の陰謀なんだ。ふーん。



もはや、自民党の人たちが、現在の自民党政権を支持する理由は、全く見あたらないと思います。



そして、240人ものTPP反対の議員を送り込みながら、あっさりと、3ヶ月で交渉参加を容認した詐欺そのものな行為。

これは、議会制民主主義の根幹が問われていると思う。



本当に、地方の自民党の皆さんが、TPP交渉参加に反対で、この国を守ろうと考えているのならば、現執行部を切り離し、第二自民党を作るか、TPP反対の勢力と共同で新しい政党を作るべきである。



その際、240名の現自民党のTPP交渉参加に反対した人たちも、現執行部を切り捨てて、そちらへ移るべきだ。


当ブログは、そう思います。

コメント

_ DY ― 2013/06/19 11:00

まったくその通りですね!TPP反対議員で新政党つくるべき。TPP反対の自民党員はそちらに移るべき。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック