岩上さんのところで、各党インタビューが上がってきてます2013/07/07 19:25

当ブログは、無党派の無宗派なので、まだどこに投票するのか決めてません。


まず、とりあえず、話を聞いてみましょう。


岩上さんのところで、各党インタビューが上がってきてますので、リンクしておきます。


とりあえず、3党のインタビューが出てます。


まだ、全部見てないですが、福島みずほのインタビュー、20分くらいからの憲法の部分、面白いですね。ここは見ておいた方が良さそう。


以下は、公示日前に行われた、岩上安身による各党代表へのインタビューです。

[2013/07/01 「強い国」より「やさしい社会」を〜岩上安身による社民党党首・福島みずほ議員インタビュー]
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/87934


[2013/07/02 岩上安身による みどりの風代表 谷岡郁子議員インタビュー]
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/88027


[2013/07/02 岩上安身による 日本共産党 小池晃 副委員長 インタビュー]
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/88028




追記
ビデオ全部見ました。

みどりの風の谷岡郁子議員のインタビュー、極めてちゃんとしてるので、是非みなさんに見ていただきたいです。
というか、全国民見るべきです。
こんなに、まともな方がいらっしゃったんですね。




日本共産党 小池晃議員のインタビューは、40分くらいから見ていただくと良いと思います。
現在の日本共産党のスタンスが見えてきます。


以上の3党は、完全に、筋金入りにTPP反対、原発再稼働反対だと思います。

もちろん、様々な工作員の人が入り込んでいる可能性はありますけれども。。ということですが

参院選の予測で自民党が圧勝となるのは、なぜなのか?2013/07/07 22:34

参院選の予測で自民党が圧勝となるのは、なぜなのか?


参院選の予測、各紙がやっていますが、ほとんどが、自民党の圧勝としています。

支持率60%とかなんとか。


こうなる原因の一つは、自民党が新聞に広告を出しているから。であることは明確です。
しかも、その広告費は、税金なのです。
こんなふざけた話はありません。



北海道の毎日新聞で、内閣支持率24%と出ていましたが、多くて大体そんなものでしょう。



日本を潰すTPPに参加反対と230人が言って衆院選に当選したにも関わらず、3ヶ月で交渉参加の政党を誰が信用するのか??



で、得票率からいくと、12.16の衆院選では、比例区で16%しか得票していないわけで、それを信じるなら、支持率16%ということなのだと思いますが、どこから60%が出てくるのか、全く分かりません。


しかも、市長選のレヴェルでは、自民公明は、惨敗続きです。

なのに、なぜ圧勝予測なのか?



その答えとして、もっとも明確に上げられるのは、日本の有権者のおよそ70%は無党派だということなのだと思います。


つまり、選挙戦を開始した頃には、70%の人たちが、まだどこに投票するのか決めていない。

現在の社会情勢を見て、各党、各候補者の言ってること、行ってきたこと、スタンスや経歴を見て、バランスを考えながら、どこに投票するのか決めているわけです。



そもそも、そのために選挙戦をやっているはずなのです。


だから、どこが優勢か?なんて、現在の時点で分かるはずが無い。




一方、自民や公明などの政党には、利権がくっついているわけで、その利権で生きている人たちは、必ず投票する人たち=支持者なわけです。


なので、現在の調査でやると、利権が絡んだ政党が圧勝の予想になります。


それが、自民・公明圧勝予想の本当の理由です。




しかし、小泉改革以来、自民党の支持者は大幅に減少しています。
TPPで、かつては強力な支持者であった、農家や自営業者、医師会なども大幅に反対に回っています。

新しく増えたのは、ネトウヨくらいのものでしょう。


基本的に、世界権力は、1%の人たちのために政治をやっているわけで、それを強力に擁護しようとしていれば、どんどん99%に人に支持されなくなるのが当然です、

現在の自民党の本当の支持者は、おそらく自民党員の数と同じ100万人と考えるのが妥当だと思います。

つまり、人口の1%です。



というわけで、衆院選で自民・公明に投票しなかった80%以上の人たちが、参院選の行方を決めるでしょう。



これから、各選挙区における、有権者の闘い方を順次解説していきたいと思います。





毎日新聞 参院選
http://senkyo.mainichi.jp/2013san/


朝日新聞 参院選
http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/


中日新聞 参院選
http://www.chunichi.co.jp/senkyo/sanin2013/


読売新聞 参院選
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/


IWJ 2013年 参議院選挙特集
http://iwj.co.jp/feature/senkyo/