2013参院選の分析 和歌山選挙区2013/07/17 19:10

2013参院選の分析 和歌山選挙区


2013参院選の分析です。


今回は注目の和歌山選挙区



1議席に3名が立候補

自民、幸福、共産



それぞれの候補のスタンスは、毎日新聞、yahooのアンケートを参考にしています

http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kouji_area_ichigyo.html?aid=B30000

http://senkyo.yahoo.co.jp/kouho/s/30/


選挙区 和歌山(改選数1 - 3)


久保美也子(52)諸派 新
幸福実現党県副代表、幸福の科学紀の川支部長、和歌山経理専門学校
幸福の科学松阪支部長、幸福実現党政調会部長代理、帝京大
憲法改正 9条、96条改正にも賛成
TPP推進
原発推進
消費税増税 反対



原 矢寸久(61)共産 新
党県副委員長、地域紙記者、党県委員・県常任委員、立命館大中退
憲法改正反対
TPP反対
原発再稼働反対
消費税増税反対



世耕 弘成(50)自民 現
官房副長官、NTT報道担当課長、総務委員長、首相補佐官、早大
憲法改正 9条、96条改正にも賛成
TPP推進
原発推進
消費税増税


ここも明快です。

TPP反対、原発再稼働反対は、共産だけ。

1択です。


そして、ここは、小泉政権の情報工作担当『日本のゲッベルス』と呼ばれた世耕弘成が立候補しています。


徹底的な選挙のトータル調査をすべき地域でしょう。


以下
『自民党総裁選から考える、ムサシと不正選挙疑惑 』
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/01/14/6691164
から

日本の選挙システムの80%を独占している株式会社ムサシ


ムサシと選挙のあゆみ

1978年(昭和53年) 自動開披投票箱の開発に着手。
自民党総裁選挙投開票事務のコンサルティングを行う。
1980年(昭和55年) 史上初の衆参同日選挙。
自動開披投票用紙の開発に着手。
1981年(昭和56年) 中華民国台湾政府の要請で選挙事務のコンサルティングを行う。
1982年(昭和57年) 自民党総裁選挙投開票事務受託。100万票を3時間で結了。
選挙専用計数機「テラックー武蔵EL」発売。

以上引用

musashinet.co.jp/department/election/election_08.html


というわけで、 ムサシはまず1978年(昭和53年)に自民党総裁選挙投開票事務のコンサルティングを行っていますね。

これに筆者はピンときたわけです。

1978年は、福田赳夫内閣だったのでは??


以下引用

派閥解消を目指して党員・党友投票による自民党総裁予備選挙を導入したが、大福密約の総理総裁2年任期後の大平への政権禅譲を拒否し、「世界が福田を求めている」として自民党総裁選挙に再選をかけて立候補。自民党総裁選では現実には大平正芳候補を支持する田中派が大掛かりな集票作戦を展開する一方で、福田派は派閥解消を主唱する建前や事前調査における圧倒的優勢の結果に油断し、動きが鈍く、当初の下馬評が覆され、福田は大平に大差で敗北した。福田は「予備選で負けた者は国会議員による本選挙出馬を辞退するべき」とかねて発言していたため、本選挙出馬断念に追い込まれることになる。自民党史上、現職が総裁選に敗れたのは、福田赳夫ただ1人である

以上引用 wikipedia

なるほど


ムサシにコンサル頼んだのに負けてますね。


では、いつから総裁選においてムサシが決定的な役割を果たしたのか?


1982年(昭和57年) 自民党総裁選挙投開票事務受託。100万票を3時間で結了。 選挙専用計数機「テラックー武蔵EL」発売。とあります。

随分開票速いですよね。

これは、新方式を導入して、ムサシが本格的に自民党総裁選を仕切ったのでしょう。


で、どうなったのか?

1982年11月24日 - 中曽根康弘・行政管理庁長官、自民党総裁予備選で圧勝。
11月27日 - 第1次中曽根内閣発足。田中派の7人入閣。

うわ、鈴木善幸改造内閣が敗れ、中曽根政権誕生


なるほどね。。

では、鈴木善幸改造内閣の選挙担当=自治大臣・国家公安委員会委員長を見てみましょうか。

あ、世耕政隆

なるほど、分りやす過ぎ!

世耕 政隆(せこう まさたか、1923年1月6日 - 1998年9月25日)は、日本の政治家、元衆議院議員、元参議院議員。鈴木善幸内閣改造内閣の自治大臣の他、近畿大学総長・理事長を務めた。学位は医学博士。東京生まれ。正三位勲一等旭日大綬章。父の世耕弘一は衆議院議員。長男は世耕弘武。甥の世耕弘成は参議院議員。

以上引用

つづきは
『自民党総裁選から考える、ムサシと不正選挙疑惑 』
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/01/14/6691164

自民党の皆様におかれましても、ムサシ、是非追求していただきたいと思います。


そして、参院選の選挙区では、『候補者の名前』を書かなくてはなりませんのでご注意!


不正選挙を防ぐ方法

□選挙管理委員会に、投票の機械(選挙人受付、集票、開票マシン)が何かをあらかじめ訪ねる。

ムサシの機械が80%独占なのはなぜなのか?他もなぜグローリー製なのか確認する。
機械をサポートする人もチェック

バーコード読み込みもチェック


□投票箱の追跡


□入り口、出口調査の徹底
受付の機械で投票率を誤摩化しているかもしれません。開票の集計機その他で得票を誤摩化している可能性もあります。
なので、徹底した出入り口調査を!

□期日前投票は不正の温床ですので、出来るだけ避ける

□ボールペンやサインペンなど消えにくい多様な筆記具で書き、開票作業で、その文字が入っているかどうか確認する。


などが考えられます。


選挙を闘うみなさんは、選挙事務所で開票を待つのではなく、徹底した選挙の投開票を監視をして、不正があれば告発しましょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック