サッカー日本代表 ザックジャパン セルビア戦 アウェー 敗因と対策2013/10/12 18:12

サッカー日本代表 ザックジャパン セルビア戦 アウェー 敗因と対策


さて、久々のサッカーですが、アウェーのセルビア戦で0−2の完敗でした。

原因と対策を探っていきますが、その前に


現在、サッカーより面白いんじゃないかと巷で評判の『不正選挙祭り』ですが、各地で裁判が始まっています。


こちらに、日程が出ていますので、傍聴しに行きましょう。
最前線の熱き闘いが見れると思います。

https://www.google.com/calendar/embed?src=jhoojcqqni91v3b9g8q48bvac4%40group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo


傍聴には手続きが必要なため、開始時刻の30分前までに行ってくださいとのことです。


それでは、サッカー



欧州遠征 国際親善試合
2013年10月12日(土) 日本時間 0:30キックオフ 45分ハーフ
Karadjordje Stadium(セルビア/ノヴィサド)

セルビア2-0(0-0、2-0)日本



【得点者】
59分 タディッチ(セルビア)
90+1分 ヨイッチ(セルビア)

【スターティングメンバー】
GK:川島永嗣
DF:内田篤人、長友佑都、今野泰幸、吉田麻也
MF:本田圭佑、遠藤保仁、長谷部誠
FW:岡崎慎司、香川真司、柿谷曜一朗

【サブメンバー】
GK:西川周作、権田修一
DF:酒井高徳、森重真人、伊野波雅彦、酒井宏樹
MF:細貝萌、山口螢
FW:清武弘嗣、乾貴士、ハーフナー・マイク、齋藤学

【交代】
67分 長谷部誠 → 細貝萌
68分 柿谷曜一朗 → 清武弘嗣
86分 香川真司 → 乾貴士
89分 岡崎慎司 → ハーフナー・マイク



先発は、所謂ベストメンバーと思われる布陣

     柿谷
香川   本田   岡崎
  遠藤    長谷部
長友 今野 吉田 内田
     川島



簡単に言うと

悪いなりに踏ん張った前半と、調子に乗って攻めて点を取れなかったあげくに、カウンターから2失点した後半。
という試合でしたね。



以下、長谷部と内田が言う通りです。



長谷部誠(ニュルンベルク/ドイツ)


 監督も言っていたけど、アウエーのなかでどれだけ自分たちのサッカーを主導権を握ってできるかやっていこうと話していた。もちろん主導権を握っていた時間帯もあったけど、そこで点を取れないとこういう結果になってしまうのかなと思う。

相手はホームだし、僕らに主導権を握らせてカウンターというのは狙っていなかったと思う。

相手のやり方は前からプレッシャーをかけて、前からハメてミスを誘って(点を)取るというのはビデオで見て分かっていたし、前半にそういうサッカーをさせなかったのは良かった部分だと思う。それが試合を通してできなかったというのはある。




内田篤人(シャルケ04/ドイツ)

 2失点というより、0得点というのがちょっと悔やまれる。向こうの思惑通りじゃないですか。

セットプレーもああいう形で何回もヨーロッパ予選でやってきているし、回されたらカウンターを狙う。

よくみんな引いて守ってとか、前から行ってとか、日本らしいサッカーとか言っているけど、臨機応変にやらないと絶対勝てない。どれか1つの方法で勝とうってそういうもんじゃない。

今日みたいにうまくディフェンスで守っても、カウンターで取ってくるし、そういうチームは強い。やっぱり最後のところは固いから、途中まではうまく行けるけど、それをゲームで表現できたらもっと上のレベルに行けると思う。

以上引用


相手のやり方は前からプレッシャーをかけて、前からハメてミスを誘って(点を)取る

その通りでした。

そうなった時のセオリーは、ちゃんと三角形を作って、バックパスを回し、相手をいなす。

相手の出足が鈍くなってから、攻めるということ。


でも、この試合でも、無理なのにパスを入れる→攻め急ぐ→まんまとボールを取られる→全員戻らなくてはならなくなる→悪循環

という場面が度々見られました。


結局、この前半の悪循環が、決定機を逃し、カウンターで沈む後半の布石になっていると思います。


要は、サッカーの基本的なセオリー、戦術理解と、それを臨機応変にやる共通意識に欠けているということだ。




で、この日本代表の弱さは、ガンバ大阪の弱さと共通しているわけです。



こねくりまわして得点が取れなかったあげく、カウンターやセットプレーで失点して負けるっていうアレね。


で、西野さんが監督やってた時のガンバは、そういう、駄目な時に、遠藤を外して一旦、ベタ引きのカウンターやってましたね。

前半、ベタ引きのカウンターやって、後半からパスサッカーやるとか。


そうやって、メリハリつけることで、後半の良いサッカーを呼び込んでいた。

で、ベンチ外に置かれた遠藤が、冷静に試合を見ることが出来るようになったし、疲れも取れた。


遠藤が外れることにより、若手の選手の自主性が強く出て、良い試合をするようになった。

結果的に、チームが上向きになった。



学ぶことは多いんじゃないですかね。



というわけで、現在のザックジャパンは、要するに、セルビアレヴェルの相手でも、通用しないので、遠藤と香川は後半の切り札に温存して、もうちょっとメリハリのあるサッカーやった方が良いのではないかと当ブログは思っています。


対セルビアのような、でかくて強い相手には、現メンバーだと


    ハーフナー
岡崎   柿谷   本田
  山口蛍   長谷部
長友 吉田 森重 酒井宏
     西川


こんな感じですかね。

セットプレーの守備にも強い選手。

ポストプレーが出来る選手を複数置く。




text by

contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

欧州のサッカー選手も着ている、カッティングエッジなブランドも多く取り揃えております。

商品は、こちらから
http://guild3.exblog.jp


そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。


サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/




contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)


ファッション・デザイン関係ほぼ毎日更新中
http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/


365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック