アメリカで請求された恐ろしく高額な医療費2014/01/28 22:25



「もうこんな国いやだ…」アメリカで請求された恐ろしく高額な医療費14例
http://labaq.com/archives/51816136.html

から抜粋してお送りします。


$12,430.45(約124万円)
腹痛で6時間ほど痛みが止まらず、深夜12時ごろ救急へ行き、翌朝6時に病院を出たときの請求書。モルヒネ、胃酸をうすめる薬、いくつかの検査でこの金額。


$49,871.18(約500万円)
出産費用ですが、2週間の集中治療室がプラスされての請求額。



$36,771.25(約368万円)
盲腸(虫垂炎)の切除手術。


$60,652.80(約607万円)
交通事故で病院に3日滞在して。


$80,861.00(約809万円)
足首を骨折しての請求書。しかもここにはまだ、救急車、麻酔、検査の費用は含まれていないとのこと


$47,192.08(約472万円)
外科手術ですが、3日で退院していることを思うと、そんなたいした手術をしたとは思えないのですが……。


$125,991.11(約1260万円)
バイクで交通事故。4日入院で保険なし。


一方

160.00カナダドル(約1万5千円)
「カナダで赤ちゃんを産んだらこんな請求書だった。
ムカつく Byアメリカ人」


http://labaq.com/archives/51816136.html


日本をアメリカのような国にしてはいけません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック