トルコとUAEへの原発輸出承認の原子力協定 参院も通過2014/04/19 20:09


トルコとUAEへの原発輸出
放射性廃棄物は日本に引き取り(日本ゴミ捨て場)
事故ると日本の税金で補償

という恐るべき法案が、不正選挙偽国会を通過というニュース


以下引用


<原子力協定>トルコとUAEへの原発輸出承認 参院採決へ

毎日新聞 4月18日(金)10時42分配信
 日本からトルコとアラブ首長国連邦(UAE)への原発輸出をそれぞれ可能にする原子力協定の承認案は18日午前の参院本会議で採決される。自民、公明、民主党などの賛成多数で承認される見通し。2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降に署名した原子力協定が国会で承認されるのは初めて。政府は原発輸出を成長戦略の柱に位置付けているが、被災地などから批判も出そうだ。

 原子力協定は、平和利用に限定して原子力関連機材や技術を日本が提供する取り決め。トルコでは黒海沿岸の原発4基建設(事業費約2.2兆円)で日本企業が優先交渉権を得ており、日トルコ協定は「両政府が合意する場合に限り、(核物質などを)濃縮し、再処理できる」と明記した。

以上引用

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140418-00000027-mai-pol


以下NHK

原子力協定締結を承認 技術輸出可能に

引用:
日本の原子力関連技術をトルコとUAE=アラブ首長国連邦に輸出できるようにする原子力協定締結の承認案は、18日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と民主党などの賛成多数で可決され、承認されました。

安倍政権は、原子力発電所などのインフラの輸出を成長戦略の柱に掲げていて、トルコで計画されている原発の建設を日本企業が受注する見通しとなっているほか、UAE=アラブ首長国連邦では将来的な原発の増設が見込まれています。
両国との原子力協定は、▽核物質などの利用を平和目的に限ることや、▽IAEA=国際原子力機関の査察を受け入れることなどを条件に、日本の原子力関連技術を輸出できるようにするとしています。

以上引用
3.nhk.or.jp/news/html/20140418/k10013843371000.html


さらにこんな記事も

以下引用 東京新聞

民主、増子氏の参院役職解任 原子力協定で造反

東京新聞

2014年4月18日 17時06分
 民主党は18日の参院役員会で、増子輝彦参院政審会長(福島選挙区)の解任を決めた。同氏は、原発輸出を可能にするトルコとアラブ首長国連邦(UAE)との原子力協定締結をめぐる18日の参院本会議採決で、党の賛成方針に背いて棄権した。参院東日本大震災復興特別委員会の理事からも解任した。
 海江田万里代表ら党執行部は、増子氏が兼務する副代表ポストについても役職停止などの処分を検討する方針だ。
 榛葉賀津也参院国対委員長は記者会見で、増子氏が東京電力福島第1原発事故のあった福島県から選出されている事情を踏まえ「悩んだ上で、処分覚悟で判断したのだろう」と述べた。
(共同)


以上引用

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック