中村時広愛媛県知事が、伊方原発再稼働に同意だそうです2015/10/27 21:47

中村時広愛媛県知事が、伊方原発再稼働に同意だそうです。

以下引用


四国電力伊方原子力発電所3号機について、愛媛県の中村知事は26日午前、再稼働に同意することを四国電力の佐伯勇人社長に伝えました。地元の伊方町も再稼働に同意し、原発の新しい規制基準の下で再稼働に県と立地自治体が同意したのは、川内原発のある鹿児島県に続いて2か所目です。

以上引用 以下前文は
3.nhk.or.jp/news/html/20151026/k10010282601000.html


伊方原発についての問題は、伊方原発をとめる会の『知事宛に8項目の公開質問書』に簡潔にまとめてありますので、引用します。


以下引用


知事宛に8項目の公開質問書!
2015年10月23日
愛媛県知事 中村時広 樣
伊方原発をとめる会
事務局長 草薙順一

公開質問書

報道によると、昨日、山下伊方町長が伊方原発の再稼働に同意する旨を知事に報告し、知事もまた「近日中に最終判断をする」旨発言されたとのことです。
福島原発事故は収束にほど遠く、今なお10万人をはるかに超える方々が不自由な避難生活を強いられています。県民のいのちと暮らしに重大な影響を与える問題について、知事がどのような認識で対処しようとしているのか、以下8点を質問いたします。
ご多忙とは存じますが、回答を10月30日(金)までにお願いいたします。


質問事項
(1) 航空機の直接衝突への対策や炉心溶融の際の受け皿(コアキャッチャー)などの欧米ではスタンダードな基準さえも求めない新規制基準が「世界で最高レベルの厳しい規制」なのでしょうか? 知事はどのように認識していますか?

(2) 原子力規制委員会の田中俊一委員長は新規制基準に適合しても「安全とは申し上げられない」と語っていました。知事は「適合」によって安全が保障されたとお考えでしょうか?

(3) 伊方原発の沖「5~8キロ」(裁判での電力側資料に示された表現)に中央構造線活断層帯があり、震源に近すぎるため制御棒の挿入が間に合わない危険性が指摘され、その際の被害の甚大性が心配されています。知事は間に合うと考えますか?

(4) 2000ガルを超える地震動に襲われる危険性が指摘されています。県のパンフレットには「概ね1000ガルの揺れに対する耐震性が確保されることを確認」とありますが、2000ガルを超える地震動に襲われた場合、明らかに破壊が起こるのではありませんか? 知事は、1000ガルを遥かに超える地震は来ないとお考えですか?また、そうした巨大地震にも耐えられるとお考えですか?

(5) 地震災害・津波災害・原発災害による放射性物質放出という複合災害の場合、道路崩壊や橋の落下等の可能性もある中、住民は放射能をさけて三崎港の一次集結所に集まれるのでしょうか? 三崎港も一次集結所も津波のために使用不可となる可能性が大きいと思われますが、住民はどのようにして被ばくを避け避難するのでしょうか?

(6) 福島原発事故では「使用済核燃料」の危険性が明らかになりました。処分先も見当たらない使用済核燃料を、これ以上増やさないようにすべきではありませんか?

(7) 知事は「覚悟と責任」と語っていますが、福島原発事故で被災者に対し国の「責任」が果たされたと考えますか? 伊方で事故が起こった場合、知事ご自身はどう責任がとれますか?

(8) 再稼働を認めない方向にこそ「覚悟」をもってすすめば、福島のような事故を絶対に繰り返さない道を確かにし、人間を放射能で傷めない道に貢献できるとはお考えになりませんか?


※ (3)は、制御棒の挿入が間に合わないと危惧する岡村眞(高知大総合研究センター特任教授)らの指摘がある。「5~8キロ」は被告(四国電力)側資料乙C2、乙C3(2号炉、3号炉の設置変更許可書)から。

※ (4)で「2000ガルを超える」としたのは、伊方原発の基準地震動策定にも使われた2004年北海道留萌支庁南部地震について、モーメントマグニチュード5.7から6.5以上に換算し、平均像から既往最大への考慮も含めると2,000ガルどころか、3,000ガルを超えるとの指摘があること。また、国内最大で4022ガルが記録されており解放基盤面で見ても2000ガルを超えると指摘されていること。新潟の柏崎刈羽原発の基準地震動は2000ガルを超えて設定されていることなどから。

以上引用
http://www.ikata-tomeru.jp/?page_id=1529

そういうことですね。
基準地震動だけとってみても、こりゃ危険です。


以下引用


四電、伊方原発基準地震動650ガルに引き上げ2014年09月13日(土)

 四国電力は12日、原子力規制委員会の審査会合で、伊方原発(愛媛県伊方町)の敷地前面の中央構造線断層帯を震源とする地震の揺れで耐震設計の目安となる想定(基準地震動)を570ガルから650ガルに引き上げることを明らかにした。
 基準地震動は伊方3号機の安全審査で最大の焦点となっている。規制委側は四電に対し、他の手法も使って計算するなど設定の信頼性をより向上させるよう求めた。
 四電は昨年7月、中央構造線断層帯を震源と想定した570ガルを基準地震動として安全審査を申請。今年5月の審査会合では、「震源を特定しない地震動」として620ガルへの引き上げを報告したが、規制委側は了承していなかった。

以上引用
ehime-np.co.jp/news/local/20140913/news20140913054.html

この570ガルから650ガルに引き上げるのが、実質的に1000ガルに耐えられるとしたとのこと。


ちなみに、
2007年7月16日のマグニチュード6.8の新潟県中越沖地震では、柏崎刈羽原発3号機タービン建屋1階で2058ガル(想定834gal)、地下3階で581ガル(想定239gal)、3号機原子炉建屋基礎で384ガル(想定193gal)を記録しています。


たったのM6.8の地震でですよ。
想定の3倍以上の揺れ

じゃあ、M7以上の直下型地震起きたら、どうなるんですか??

明らかに想定が低過ぎます。
それだけとっても、明らかに無理。


以下引用

知事に13万1455筆提出「再稼働やめ、公開討論会を」 2015年10月7日
10月5日、愛媛県知事に対し13万筆を超える署名を提出しました。署名は知事に、①再稼働を認めないこと、②住民の声を聴き、原発問題の本質を深める「公開討論会」を開催すること―の2点を求めるものです。北海道から沖縄まで各地から署名をよせていただきました。封書で次々届く署名に、皆さんの熱い思いが伝わってきました。ありがとうございました。
13万余の署名のうち、88%にあたる11万5,790は、四国4県(愛媛、香川、徳島、高知)と大分、山口、広島、岡山の8県から寄せられたものです。伊方原発を取り巻く8県の住民の思いがたいへん強いことを示す結果となりました。

以上引用
http://www.ikata-tomeru.jp/?p=3367


民意は、明らかに原発再稼働反対です。