横須賀配備の原子力空母ロナルドレーガンですが、実は福島第一原発と同じ規模。しかも事故ったら首都圏避難地域になるようです!2015/11/22 20:59

写真は、こんな厳重な被曝防護して福島を視察し、「風評被害の払拭が復興には不可欠」とか言ってる丸川珠代環境大臣


東京新聞に、以下のような記事が出ています。
原発反対の人は多いと思いますが、原子力空母の危険性を指摘している人は少ない。

でも、こんなに切実な問題なのです。


都内・千葉も避難対象に? 原子力艦の事故時「範囲」見直しか

2015年11月22日 朝刊


以下要約

米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)などに配備されている原子力艦で事故が起きた際の国のマニュアルを検証する政府の作業委員会が今月発足し、議論が始まった。


作業委は六日の初会合で原子力艦で事故が起きた際の避難判断基準について従来の毎時100マイクロシーベルトから、原子力災害対策指針と同じ毎時5マイクロシーベルトに引き下げることを決定。政府は二十日、正式に基準を変更。


 これからの作業委の議論で焦点になるのが、原発事故と原子力艦の事故の避難範囲の違い。


 東京電力福島第一原発事故を受け、国の原子力規制委員会は原子力災害対策指針をまとめ、原発から三十キロ圏内を緊急時防護措置準備区域(UPZ)とし、自治体に避難計画の策定を求めた。だが、2004年に国の中央防災会議が策定した原子力艦の事故のマニュアルは、「半径三キロ以内は屋内退避」などとなっている。


避難範囲が仮に三十キロに拡大されれば、大田区などに加え、百万人以上の人口を抱える横浜市や川崎市も避難計画が必要となる。


原子力災害対策指針は原発から半径五キロ圏内を予防的防護措置準備区域(PAZ)と定め、事故が起きたら、ただちに避難を開始したり、住民にあらかじめ安定ヨウ素剤を配布したりすることが決められた。稼働している九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)のPAZの人口は約四千九百人。一方、横須賀市は二十万人を超え、四十倍以上。


 「そもそも首都圏という人口過密地帯で原子炉を稼働させること自体が間違っている」。横須賀市で原子力空母の配備に反対してきた呉東(ごとう)正彦弁護士は話す。


 十月に横須賀基地に配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」は動力として加圧水型原子炉二基を搭載。熱出力は二基の合計で百二十万キロワットと想定され、福島第一原発1号機(同百三十八万キロワット)に近い。

以上引用 以下全文は
tokyo-np.co.jp/article/national/list/201511/CK2015112202000115.html



こりゃ、大問題だぞ。

十月に横須賀基地に配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」は動力として加圧水型原子炉二基を搭載。熱出力は二基の合計で百二十万キロワットと想定され、福島第一原発1号機(同百三十八万キロワット)に近い。

こんなにでかいのか!!驚愕

直ぐ側に、フクイチがあるのと同じじゃないか。

避難地域見直すに決まってるだろ。
まじ、ヤバいぞ。


ちなみに、吉祥寺と横須賀海軍基地の直線距離ってどれくらいだ??


神奈川県横須賀市本町1丁目23 の座標(WGS84) 
緯度: 35.283116 経度: 139.666632
地図中央値(WGS84) 緯度: 35度16分59.218秒(35.283116) 経度: 139度39分59.874秒(139.666632)

吉祥寺駅の緯度/経度
(緯度)35°42′11.23" (経度)139°34′47.15"

計算してみると
http://cassiopeia.a.la9.jp/grs/grs.htm

48.04km


うわ!!! 48キロしかないじゃん。

50キロ圏内だ@@

こりゃ、本気でマズい。

48キロといえば、福島第一原発でいうと、飯館村とかいわき市のあたりだぞ。。

事故当時どんなだったけ??


あ、これか。

経済産業省のデータで、2011 3/15の福島第一原発からの距離38kmと距離46kmで 葉物野菜100万ベクレル超えしているんですけど。。
これ、今の基準値の1万倍超えてます

2011 3/15 17:58
福島第一原発からの距離38km
葉もの野菜
I-131 1,230,000 Bq/kg
cs137 109,000 Bq/kg

2011 3/15 18:21
葉もの野菜
福島第一原発からの距離46km
I-131 1,190,000 Bq/kg
cs137 169,000 Bq/kg

http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/10/19/7015122


アジアやユーラシアや太平洋の国々とも仲良くするから、原子力空母「ロナルド・レーガン」は、まじアメリカへ帰れよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック