国連安保理でシリアの内戦終結目指す決議が採択2015/12/19 21:40


国連安保理でシリアの内戦終結目指す決議が採択されたそうです。


以下引用


以下スプートニク

国連安保理はシリア平和正常化計画を承認した。反体制派と政府の交渉を定めたもの。交渉は国連の庇護のもと、1月に始まる。


シリア新憲法案に関する作業開始から18か月以内に国際的な管理のもとで選挙が行われる。ただ、その正確な日付や、バシャル・アサド氏が投票されるかどうかは明らかにされていない。
今回の決議は、シリア政治プロセスでロシアと米国が合意できた最初のケースである、とThe New York Timesは指摘する。安保理における審議の前に米国の国務長官がロシアのラヴロフ外相と会談した。ラヴロフ外相・ケリー国務長官は英、中、仏の代表らとも協議を行った

jp.sputniknews.com/politics/20151219/1343725.html#ixzz3ulnY8ZsU

以下イランラジオ


テログループの資金源を断つための安保理決議

ミールターヘル解説員 国連安全保障理事会の公開会議が、17日木曜夕方、テログループと取引している人々に対する法的措置の強化を目的に開かれました。
財務相レベルで開かれたこの会議では、フランス、ヨルダン、チリ、イギリス、スペイン、アンゴラ、マレーシアの財務大臣、さらにはリトアニアの財務次官が出席しました。安保理はテログループの非合法な資金の確保、とくに石油、文化財などの密輸による資金源を断つことを目的に、全会一致でこれに関する決議を採択しました。

この決議はとくに、テロ組織ISISを標的にしており、国連の監視と制裁の政策はこのグループの資金源の根絶に集中しています。この決議は、国連憲章第7章に基づいて採択され、緊急に実行されることになり、国連のすべての加盟国に対して、早急にISISの資金源を断つために措置を講じるよう求められています。この決議ではさらに、各国の政府に、ISISの資金確保あるいは、テロ組織やテロリストへの便宜を整えることを阻止するよう強調されています。

安保理の12月の議長国をつとめるアメリカのルー財務長官は、この会議で、「この決議は我々の世界的な財政監視体制の強化を促すものだ」と表明しました。こうした中、ロシアはこの決議に消極的な対応を取っています。これに関して、ロシアのチュルキン国連大使は、国連安保理決議で義務付けられている取り決めは、必要な統一や連結が欠如しているとしました。チュルキン大使は、ISISの根絶はダブルスタンダードによることない集団の措置と、テロの資金源を断つことで実現されると述べています。また、「すべての国がこの決議で決められた取り決めを実行していない」としました。

安保理決議の採択は、ISISやアルカイダの資金源を断つための効果的な歩みを進めるものとみなされるべきでしょう。こうした中、チュルキン大使もこうした問題を強調しているように、すべての国の協調や断固とした措置なくして、テログループ、とくにISISの資金源を断つことはできないでしょう。このように、アメリカは対ISIS国際連合の主導者として、ISISの支持国に資金を供給させず、原油や文化財の密輸継続を阻止するために、どのような効果的で真剣な措置を講じるのでしょうか。この中で、非難の矛先はトルコに向けられています。ロシアの多くの高官が考えるところによれば、トルコはシリアやイラクのISISから石器湯を密輸し、それを国際市場で売却しているということです。ロシアの高官は、密輸業者は石油をISIS から現金で購入し 、トルコをその経由国として使用しているとしています。さらにトルコはISISの石油の一部を非常に安価な値段で買い取り、使用しています。概してトルコに加えて、西側やアラブのISISの支持者がこれに関する自らの方針を変えない限り、テログループの資金源を断つという国際的な闘争は成功する見込みはないでしょう。これに対して、ロシアは地域の同盟国とともに、テログループの根絶のためにISISとの断固とした真剣な戦いを求めています。これらのテログループは、特にここ2年、シリアやイラクの広い範囲を占領するとともに、多くの非人道的な行為を行っています。

japanese.irib.ir/news/commentaries/item/60773


以上引用


とりあえず、シリア和平へ向けて大きな一歩を踏み出したとはいえそうです。

シリアの人々やシリアの難民達が、良い年末を過ごせることを願います。

コメント

_ ミセスぶらんこ ― 2015/12/22 00:32

レニングラード原発で事故が起きているもようです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック