U22アジア選手権優勝でリオデジャネイロ五輪切符を手にしたサッカーU22日本代表『手倉森ジャパン』ですが、勝てた理由まとめ2016/02/02 20:16

U22アジア選手権優勝でリオデジャネイロ五輪切符を手にしたサッカーU22日本代表『手倉森ジャパン』ですが、何が良かったのか?

簡単にまとめてみたいと思います


1、
トータル6試合を見据えての闘い方が出来ていた。
五輪出場のためには、トータル6試合で結果を残さなくてはならない。

そのためには、レギュラーとサブを明確に分けるのではなく、全ての選手を上手く使ってローテーションしながら闘う必要がある。
これが出来ていた。

さらに、フィジカルコーチが、各選手の疲労値に合わせてトレーニングメニューを施し、その診断を理由にメンバーを選び、なおかつそれでも機能出来るだけのマネジメントが整えられていた。


2、
サッカーというのは、予選リーグは90分、決勝トーナメントは90分か120分という時間の中で闘う。
そのため、後半に足が止まるのを避け、逆に相手の足が止まったところで優位に立てることが必要。
中盤でスタミナのある選手が複数居たこと。

後半、相手が疲れてきた時に最も嫌な選手とは、スピードのあるフォワードとドリブラーである。
それが複数居たこと。


3、
筆者は、日本人の特徴として、極短距離のスピードに優れていることから、前線と最終ラインには、世界最速クラスの選手を用意した方が強くなると言ってきたが、今回のチームは、まさにそういうチームだった。

50m 5秒台の選手
FW鈴木武蔵、オナイウ阿道、浅野
DF植田


4、
いくらパス回しが上手くても、強さや高さでやられていたアジアで、高さ対策が出来た。
具体的に言うと、植田と岩波が、完全に跳ね返していた。
鈴木武蔵やオナイウもよくポストプレーが出来ていた。
こぼれ球のケアも出来ていた。


5、
今まで結果が出ていなかったので、結果が出るためにもの凄い努力をしたこと。
その成果が現れた。
植田や岩波、南野、中島達が出場していたU17ワールドカップを見ていた方なら知っていると思うが、今までのU17ワールドカップの中で、最もレベルの高いチームだった。
ところが、その後、アジアのベスト8で全て敗退。
強さやフィジカル、そして守備力が足りなかった。

それを乗り越えるための努力をした結果として、今回の大会があると思う。

たとえば、U17の時の中島の線の細さから考えて、現在の中島の鍛え上げられた肉体になるまでには、相当の鍛錬が必要だったはず。
そもそも、あんなに走れる選手だったか?

それだけ努力したのだろう。


そういうことの積み重ねが、このチームの強さに繋がったと思う。

五輪も大事だが、ロシアワールドカップでは、この五輪代表の中から30%は選ばれていていないとダメなんじゃないかと思う。
というわけで、ここは通過点ですので、これからも頑張っていただきたいと思います。



contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です


冬物の一部商品はセール継続しております。
現金割引・セット割引・コーディネート割引などもありますので、お値段お尋ねください。

ブログ読者の皆さん、サービスしちゃいます^ ^

ファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp


通常営業時間外、店内貸し切りによる、初心者向けのファッション相談なんかもやっています。(10時から12時)
どう着ると良く見えるのか?目から鱗のワークショップを是非ご体験ください。予約制)

詳しくは
http://guild3.exblog.jp/22314380/


Q.お洒落のコツって何ですか?
http://guild3.exblog.jp/23060237/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

TPP全農産品で関税撤廃の恐れなので、公約違反確定です2016/02/02 20:18

東京新聞に以下の記事が出ています。

抜粋すると

全農産品で関税撤廃の恐れ TPP協定案を弁護士ら分析
tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016020202000136.html


◆関税維持 猶予7年間


 <解説> 違憲訴訟に取り組む弁護士らのチームが行った今回の分析で、ニュージーランドでの署名式を控えるTPP協定案は「聖域なき関税撤廃」の基本原則が、明確に貫かれていることが浮き彫りになった。


 安倍晋三首相は一月に国会で行った施政方針演説で、TPPに関し「重要品目は関税撤廃の例外を確保した」と明言した。確かにコメなどは今回の関税撤廃の対象から外れた。二国間交渉の結果、関税の撤廃でなく、引き下げなどが付属文書で認められたためだ。


 だが、これは重要品目が関税撤廃の例外として担保されたことを意味するのではないことが、今回の分析で示された。協定案には、本文にも付属文書にも関税撤廃の「除外規定」を認める文言はない。

以上引用

はい、これも公約違反ですね。

そして関税も問題ではあるのですが、関税だけの問題ではないのです。

正式な日本語の訳文無しに署名とかあり得ない。

ISDSにしても、そもそも完全な公約違反。
TPPは廃案です。


東京新聞にTPP大筋合意はISDS条項付きとありますが、自民党のホームページにおいて、TPP脱退として明示されてます ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/10/07/7830599



ニュージーランド政府が公開したTPP文書、なんと5万5554ページ!! ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/01/07/7979873

TPPで日本もこうなる恐れ。米国で、医療費を除いた入院費だけで請求金額は1700万円超
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/11/27/7926182

東京新聞 全国知事・市区町村長アンケート TPPがプラスの影響をもたらすと思う。たったの2.6%!! ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/11/15/7909728

ドイツベルリンで、大規模なTTIP(TPPの大西洋版)反対デモ。警察発表で15万人、主催者発表で25万人!! ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/10/13/7838634


太平洋でTPP、大西洋でTTIPという2つの米国主導の経済圏作りをしているが、EUの調査では、欧州市民の96%がTTIPに反対だそうです ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/10/08/7832066