沖縄の日本人を『土人』呼ばわりする機動隊の件2016/10/20 22:52

こんなニュースが

以下引用

 沖縄県の翁長雄志知事の堪忍袋の緒がついに切れた。安倍政権が強引に推し進めている沖縄・高江の米軍オスプレイ離着陸用ヘリパッド建設。大阪府警から応援に来た機動隊員が抗議活動の住民に「土人」と暴言を吐き、翁長知事は19日、県庁で「言語道断で到底許されない」と強く非難。きょう、県警本部長、県公安委員長と面談し、適切な管理を求めるという。

以上引用 以下全文は
nikkan-gendai.com/articles/view/news/192177


日本に元から住んでいる先住民の日本人を『土人』と発言するアメリカの植民地管理官の『自称日本人』。

これが、この国の姿を表しているわけです。

機動隊員よ、おまえも、アメリカでは『土人』と言われているんだよ。
一緒なんだよ。
どっちも、『ジャップ=土人』に過ぎない。

扱いやすい土人か、扱いにくい土人の違いに過ぎない。

俺たち『土人』に必要なのは、『植民地主義からの脱出』



本日は、10月20日
リビアでカダフィが殺された日です。

米国とNATOとアルカイダとISISと民間軍事会社の傭兵達は、リビアを攻撃し、略奪し、その武器やテロリスト達をシリアへ送ったのです。


リビア爆撃が行われた2011年というと、日本は311が起きて、正直、他国の心配をしている場合ではなかった。


でも、改めて勉強してみると、リビアというのは、独裁ではあったが、石油資源も銀行も国営であり、国民はアフリカで最も豊かな暮らしをしていて、電気も水道も医療も教育も無料だった国だったことが分かります。

アフリカの人々の独立を潰し、資源を独占するための、ものすごく酷い偽旗作戦が行われていたわけです。


こちらは、NATOが行ったリビア攻撃に対して行われたデモの模様。

1分くらいから3分過ぎくらいまでのインタビューが分かりやすい説明です。

カダフィに敬意を表するデモ2011年10月28日パリ
https://www.youtube.com/watch?v=6NBqg8fgIDs


テロリストと同盟したNATOのリビア経済戦争 ミシェル・コロン
https://www.youtube.com/watch?v=KqppBfSYZTE

リビア戦争 現地記者の証言 帝国のプロパガンダ
https://www.youtube.com/watch?v=w4lx1fwftIQ


この略奪戦争と殺人を喜んでいたのが、アメリカ大統領候補のヒラリー・クリントンです。


リビア カダフィ大佐の死を笑うヒラリー・クリントン #nwo #libya
https://www.youtube.com/watch?v=8XzRtarIW7Y

ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った
https://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c


「プーチンはISISを退治している。ヒラリーやオバマよりずっと賢い。わが国は600兆円も中東につぎ込んで何をしてきたんだ?」―トランプ。直接討論で。

→人殺しと金儲け

600兆円つぎ込んだということは、600兆円儲けた人達が居るということである。

アメリカは、建国以来93%戦争をしている。

人が死に、それで儲けている奴が居るということである。

こんな世の中が続いていってはいけない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック