抗がん剤 末端価格3500万円を50%オフに2016/11/17 20:50

サッカー解説は、もう一回ちゃんと見てから書きたいと思いますので、後ほど。


高額がん免疫治療薬「オプジーボ」、50%の緊急値下げを中医協了承
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00050011-yomidr-sctch

という記事を読んでいてびっくりしたのだが、こう書いてある。

以下引用

 オプジーボは小野薬品工業(大阪市)が開発し、14年に患者数の少ない皮膚がんの治療薬として、世界で初めて日本で承認、保険適用された。昨年末から肺がんでも使えるようになり、患者数が大幅に増えた。薬価は100ミリ・グラムあたり約73万円で、体重60キロの肺がん患者1人年間約3500万円かかる。

以上引用

年間3500万の治療費て何ですか?
半額でも1750万ですよ。
フェラーリですか。
何をどうすると、こういう価格になるのか教えてほしい。

原価いくらよ、これ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック