渋谷の宮下公園が商業ビルになるそうです。2017/01/05 20:58

渋谷の宮下公園が商業ビルになるそうです。

以下引用

野宿者の命つなぐ宮下公園が商業ビルに 夏にも着工
tanakaryusaku.jp/2016/12/00015080


公園に施錠! 収益優先の渋谷区 防災、福祉は二の次

 渋谷区は宮下公園を毎日夜10時30分から翌日の明け方まで、施錠する。さらに年末年始(12月29日~1月3日)は全面封鎖する。

 加えて宮下公園の外周をフェンスで覆ったり、水を使わせないように栓を固定したりしている。災害が起きたら住民はどこに逃げ込めばいいのだろうか? 水は貧乏人の生存権に関わる。

 野宿者側が年末年始の全面封鎖について、公園を管理する土木清掃部長と管理課長に聞いた。

 土木清掃部長は「公園を管理する立場としてこの間(12月29日~1月3日)、供用を停止した」と答えた。

 供用停止について管理課長は「(有料の)スケートボードやウォールクライミングでケガ人が出たら、管理責任を問われるから」と説明した。
tanakaryusaku.jp/2017/01/00015086

以上引用

公共施設のみんなの宮下公園→TPP推進企業の宣伝NIKEパーク→商業ビル

なるほど〜
以下、過去記事より抜粋


SEALDs代表の奥田愛基は、なぜTPP推進の広告塔であるNIKEのキャップをかぶっているのか?? ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/07/22/7714123



SEALDsの代表である奥田愛基の父親は、奥田知志(おくだ ともし)。

一九六三年滋賀県生まれ。
日本バプテスト連盟・東八幡キリスト教会牧師。
NPO法人「北九州ホームレス支援機構」理事長。
関西学院大学神学部大学院修士課程修了。
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』等に出演。


お父さんは、NPO法人「北九州ホームレス支援機構」理事長
らしい。

ちょっと待ってくれ。

NIKEといえば、渋谷の宮下公園からホームレスを追い出し、『NIKEパーク』にした企業である。


以下 鶴見済が語る!!宮下公園ナイキパーク化問題から引用

みんなのものが企業に私物化されてゆく

──宮下公園ナイキ化反対の運動に何故興味を持ったんですか?

三年くらい前から頻繁にデモに行くようになっていて、デモの発着場所として宮下公園をよく使ってたんです。そこでアフターパーティまでやるわけですよ。で、そういうことやるのが難しくなっちゃうので、これは反対しなきゃならないと思ったんです。そうじゃなくても商業スペースが大きくなることで、都市の中で野宿者とかお金のない人たちが、公共の場所から追い出されることや、企業がみんなの物を私物化していくとか、そういうことが、日本ではあまり言われてないけど、世界中で大きな問題になっていて。自分もそれを意識していたので、宮下公園を使っているいないに関わらず反対していたと思いますね。

中略

しかもナイキでしょ。俺はそういう多国籍企業がやってる悪さについては、特に大問題だなと思っていたので、ここには色んな問題が凝縮されているなと、分かりやすい問題だなと思いました。
rooftop.cc/interview/101101161230.php


つまりね、NIKEパークっていうのは、多国籍企業に対するデモ潰しと、公共施設の企業化(国営財産の民営化)と貧困層の増加などいろいろな問題を含んでいたのです。


で、SEALDsの代表って、わざわざ毎回NIKEのキャップをかぶって出てくるでしょ。

安保法案反対デモは、TPPを推進して日本をぶち壊して、米国の多国籍企業のものにする勢力だったら許可して盛り上げます、みたいな。。
ステマ

以上引用

SEALDs奥田、戦争屋のヒラリークリントン支援しにアメリカまで出かけていき、TPP推進してるオバマ大統領にキャーキャー言ってるって、もうどんだけどうしようもないアホなのがバレてたが。
偏差値38の学校から明治学院大学へ入れるところが、そもそもおかしい。

ちなみに、筆者は大学入試の時に滑り止めで明治学院大学を受験したのだが、超楽勝で、たぶん上から10%以内で通ったと思ったら、なぜか落ちた。
筆者が通っていた大学は、正直五分五分だと思っていたが、受かりました。
今思うと、明治学院大学は、不思議な採用基準があるとしか考えられません。

明治学院大学は、アメリカ系ミッションスクールです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック