フィリピン マニラの水道民営化失敗の記事2017/03/30 17:38

フィリピン マニラの水道民営化失敗の記事が出ています。

マニラの水道民営化失敗
jacses.org/sdap/water/report04.html

まとめると

・民営化後、まず行われたのは雇用削減であった。当初5400人いた職員は2000人にまで削られた

・水道料金の高騰
 2003年1月までに、マニラッドの水道基本料金は1立方メートルあたり21.11ペソと、当初の4倍に跳ね上がり、マニラ・ウォーターの場合は1立方メートルあたり12.21ペソと、ほぼ500%にまで上昇した。


サービスも改善されてないと書かれています。

コメント

_ るびりんぐ ― 2017/03/31 12:19

いつも鋭い視点に感心しながら読ませていただいております。すでにご存じかもしれませんが、文庫本でありながら現代社会を分析するうえで大いに役立ちそうな本がありますので、紹介させてください。『世界システム論講義』です。現代社会が経済格差や普遍的理念を必要とする背景が分析されているとみることができると私は考えています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック