飲んでも効かないどころか、危険もある「サプリ」一覧2017/05/04 19:00

この記事読んだ方が良いと思いますよ。

以下抜粋して引用


ダマされるな! 飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも…?
巨大な健康食品市場の深い闇
gendai.ismedia.jp/articles/-/51559

・「グルコサミン、コンドロイチンが軟骨の成分であるのは事実ですが、サプリメントとして経口摂取しても軟骨は再生しません。

・グルコサミンやコンドロイチンは、糖やアミノ酸からできており、体内に入ると分解される。それが、再びグルコサミンやコンドロイチンに再合成され、膝の軟骨になるとは考えづらい。

・髪の毛の成分を飲んだからといって髪は生えないのと同じで、軟骨の成分を飲んだからといって、軟骨は再生されないのです」

・「いくらサプリでヒアルロン酸を飲んでも、グルコサミンやコンドロイチンと同じく、それが直接関節に作用するわけではありません。体内でブドウ糖とアミノ酸に分解されるだけです。

・ビタミンAやビタミンE、ベータカロチンなどは、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があり「アンチエイジングやがんの予防にもつながる」と宣伝されているが、摂取しすぎると「若返るどころか、がんを促進し寿命を縮める」危険性があるという。

・「動物実験の結果しかないため、がんに対するクロレラの有効性を示した科学的データはありません。クロレラは細胞壁が非常に硬いため消化分解しづらく、過剰に摂取すると肝機能障害を起こすことが分かっています」

・蜂蜜を原料にして「抗菌作用がある」「炎症を抑える」などと言われるローヤルゼリーやプロポリスは、経口摂取における有効性については十分なデータが見当たらないばかりか、アトピーや喘息などの既往歴がある人は、アレルギー反応が高い頻度で起きることが分かっている。重篤な場合は「アナフィラキシーショック」を発症し、死に至ることすらあるのだ。

・「青魚に含まれるDHAやEPAなどは血液を固まりにくくし、サラサラにする作用がありますが、ワーファリンなどの抗凝固剤を飲んでいる人がこれらのサプリを併用すると、出血などの副作用を引き起こす可能性があります。クロレラ、納豆、青汁などのサプリも摂ってはいけません。


・摂取カロリーを消費カロリーが上回らないかぎり人は痩せないというのが専門家の見解です。よくもっともらしい体験談やもっともらしい試験結果が載っていますが、消費者の方は気をつけてほしいですね」

以上引用

飲んでも効かないサプリ一覧はこちら
gendai.ismedia.jp/articles/-/51559?page=6


筆者の父親は、味が好きだという理由でグルコサミンを飲んでいましたが、ある時『痛風』になりました。
原因が分からず、あれこれ食事に注意させていましたが、筆者はある時冷蔵庫に大量のグルコサミンを発見。
その主成分を見た時にピンと来ました。(エビ・カニ由来のアミノ酸)
これだ、痛風の原因は!

販売店に送ってくるの止めるように言いに行かせました。
すると、販売店で、「うちの主人もグルコサミン飲んでしばらくして痛風になったので、飲むの止めたんです。」
やっぱりグルコサミンの摂取し過ぎが原因じゃん。

だったら、販売中止しろよ、本当に酷い販売店でした。

皆様、くれぐれも健康食品には注意しましょう。
多くの場合、摂取し過ぎて内蔵に負担がかかり過ぎてしまうのです。


ちなみに、筆者は、魚釣りが趣味でして、夏場など大量の汗をかくので、熱中症対策としてスポーツドリンクを摂取するように心がけていたのですが、スポーツドリンク摂取していたら、運動しているにも関わらずウエストだけぽっこりお腹になってしまいました。

飲むの止めたら、ウエスト10センチ減りました。

以降、熱中症対策は、水にレモンと塩を少々入れたものを携帯するようにしています。あとせんべいとか。

健康に良いとされているものの多くは危険です。


サプリメントなどは止めて、普通に美味しく食べて飲む程度にしておいた方が良いです。(腹7分から8分)

コメント

_ 田中さん ― 2017/05/04 19:46

大いに役にたつ記事でしたね。私もサプリをとっていましたが、安全性に疑問を感じたのでとるのを止めました。熱中症対策におせんべいをとるのは何故ですか?塩気がおせんべいにあるからですか?

_ velvetmorning ― 2017/05/05 20:44

おせんべいの塩気が熱中症対策に有効です。
ただ、水分も一緒に補する必要がありますけれども

_ HiBlank ― 2017/05/07 14:23

記載の記事とそもそ関係ない話と言えばそうなんですが、
自分が中学ぐらいの頃に出会った整体の医師の方には
スポーツドリンクは砂糖の塊みたいなものだから実は凄く体に悪いとか、
あるいは学校の先生には缶コーヒーは美味しいかもしれないけど
同じくらいの甘さになるまで自分でコーヒーに砂糖をぶち込んでみると
凄まじい量になることがわかって怖くなるよ、なんて話を聞いて
清涼飲料は基本的に体に悪いものとしてとらえていました。
それ以上に疑問なのが、食品添加物とかよくわかんないものを
ぶち込んだものの方が安く大量にさばけるという謎の循環で
モノを作ってるシステムというか、メカニズムの方なんですよね。
この資金的なからくりが未だに謎です。

ただ、販売店にしろ製造企業にしろ消費者にしろ自らそういうものを
求めてしまっている限りにおいては解決が難しそうですね。
(例えば、健康志向というワードは売れる→謎の製品大量生産みたいな)

以前、緑茶のカテキンを高濃度にしたサプリで肝臓悪くした方の話とかもありましたよね。
夏の水分補給の話としてもそうですが、異常に成分濃縮したものは何にしても
危険なんでしょうね。

_ (未記入) ― 2017/05/16 14:20

 まあよくある批判記事ですが、元記事読んでも「効かないサプリ」と言いつつ「過剰摂取は危険」というのが幾つも混ざってていささか奇妙な記事ですね。
 プロポリスの原料がハチミツとかは誤認ですし、ベータカロチンの過剰摂取とか目が点な事も書いてある・・・。
 ベータカロチンで癌とは初耳なのでちょっと調べたら、少々問題のある研究のようですね。仮にこの調査通りでも、過剰摂取という行為自体がサプリメントの間違った使い方なんですから、サプリのせいにするのはどうなんでしょう?
 サプリを過信するのもよくないですが、こういう記事は製薬会社などの提灯記事の可能性もあるので、うのみにするのも注意した方がいいかと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック