米軍が韓国大統領に知らせることなくTHAADミサイル4基を持ち込みだそうです2017/06/03 22:15

こんなニュースが

以下引用

THAAD発射台4基、大統領への報告なしに韓国に搬入
2017年06月03日 01:17(アップデート 2017年06月03日 01:21)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は迎撃ミサイルシステムTHAADの韓国搬入の経緯を明らかにするために、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長を米国に送った。数日前、THAADの発射台4基が韓国国防省の同意の下で韓国に搬入されたが、同省は故意に文大統領へと報告しなかったと見られている。返還はすでに叶わず、正当ではない対米関係複雑化につながる可能性がある。韓国の安全保障は多くの点で対米関係にかかっている。

以上引用
jp.sputniknews.com/asia/201706033709171/

櫻井ジャーナルさんも書いてます。

以下引用

スキャンダルで朴槿恵政権が機能不全の状態になっているのを利用し、アメリカ軍はシステムを2基搬入したのだが、その後、新大統領の文在寅に知らせることなく、さらに4基を設置したことが判明した。新大統領の反対を予想し、勝手に持ち込んだということだ。そこで調査が開始されたようだ。

以上引用
plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/20170601/


北朝鮮を利用したTHAADミサイルの営業なんですよね。


もともと韓国は中国との関係を重視し、THAADミサイルの導入に反対してました。

一番の経済関係の隣国を敵に回してミサイル防衛などという選択肢があるわけないわけで、経済的に考えれば、当たり前ですが。


とにかく、日米韓が北朝鮮と国交結べば、朝鮮戦争詐欺は終了です。

THAADミサイルも日本のインチキミサイルシステムも必要ありません。

そしてそれは十分可能です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック