フィリピンのドゥテルテ大統領が、アメリカからの軍事・技術支援の申し入れを拒否2017/06/13 20:39

こんなニュースが

以下引用 PARS

フィリピン大統領が、アメリカの軍事・技術支援を拒否

フィリピンのドゥテルテ大統領が、アメリカからの軍事・技術支援の申し入れを拒否しました。

イルナー通信によりますと、ドゥテルテ大統領は11日日曜、「フィリピン南部ミンダナオ島マラウイ市におけるテロ組織ISIS系列のテロリストとの戦いで、アメリカ軍がフィリピン軍を支援したとは聞いておらず、またアメリカに支援を要請した覚えもない」と語っています。

ドゥテルテ大統領はこれ以前にも、アメリカ製の中古の兵器すらも受け入れないと強調していました。

在フィリピン・アメリカ大使館は、アメリカの特殊部隊がフィリピンからの要請の後、ISIS系列のテロリストからマラウィ市を奪還するため、フィリピン軍を支援していると主張しています。

同大使館はまた、フィリピン軍に技術支援を行っていると表明しました。
parstoday.com/ja/news/world-i31398


アメリカの特殊部隊って、当然ISISの仲間なわけで、そりゃ、そんな支援いらんがな。(逆効果)

ドゥテルテ大統領は、本気でISIS(CIAとNATOが支援するテロリスト)を排除しようとしているようです。

お手並み拝見

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック