サッカーロシア・ワールドカップ2018の出場国が続々決定 メッシのアルゼンチンは、絶望の淵から大逆転で本戦へ2017/10/12 14:44

サッカーロシア・ワールドカップ2018の出場国32のうち23が決定しました。

ほぼダメと思われていたリオネル・メッシ率いるアルゼンチン代表が、世界で最も過酷で勝つのが難しいといわれるアウェーのエクアドル戦(標高2850mで試合!!)でメッシがハットトリック3−1で下し、最終節で6位から3位に逆転で本大会出場を決定

メッシ不在のワールドカップは、なんとか避けられそうで、関係者はホッとしていることでしょう。

一方、南米王者チリは、ブラジルに0−3で敗れ3位から6位へ転落
まさかの予選敗退に。
5位のペルーがオセアニア王者のニュージーランドとのプレーオフへ進出が決定

順位表
1.ブラジル 41(21大会連続21回目)
2.ウルグアイ 31(3大会連続13回目)
3.アルゼンチン 28(12大会連続17回目)
4.コロンビア 27(2大会連続6回目)
------
5.ペルー 26(ニュージーランドとのプレーオフへ)
-----
6.チリ 26
7.パラグアイ 24
8.エクアドル 20
9.ボリビア 14
10.ベネズエラ 12

大陸間プレーオフ第1戦:11月6日/第2戦:11月14日
ニュージーランド 対 ペルー

結局、強そうなところばかりが残りましたね。
南米予選は世界一厳しく、南米予選を勝ち上がった国は、ワールドカップベスト4の実力があるとみて良いと思います。


一方、欧州予選では、前回3位、2010年準優勝のオランダが敗退。
オランダが入ったグループは、フランス、オランダ、スウェーデン、ブルガリアと、ワールドカップベスト8以上の経験を持つ強豪国が揃う完全な死のグループ。
人口の少ないオランダにはよくあることですが、ロッベン達黄金世代の時代が終了したということもありそうです。
スイスは1敗しかしていないのに、ポルトガルと得失点差で2位となり、プレーオフへ
オランダ、スコットランド、ウェールズ、トルコ、ウクライナ、チェコ、スロバキア、ブルガリア、ルーマニアなどが敗退。
欧州予選は厳しいですね。だから強くなるわけですが。。

■ヨーロッパ
ロシア(開催国/2大会連続11回目)
フランス(6大会連続15回目)
ポルトガル(5大会連続7回目)
ドイツ(17大会連続19回目)
セルビア(2大会ぶり12回目)
ポーランド(3大会ぶり8回目)
イングランド(6大会連続15回目)
スペイン(11大会連続15回目)
ベルギー(2大会連続13回目)
アイスランド(初出場)

欧州プレーオフ進出国
シード国(スイス、イタリア、クロアチア、デンマーク)が非シード国(北アイルランド、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ)のいずれかと戦う。
【プレーオフ】
第1戦:11月9~11日/第2戦:11月12~14日(※対戦カードは10月17日に決定)


アフリカの決定は2カ国
ナイジェリアが順当に決定した一方、もう一方の雄であるカメルーンがまさかの予選敗退決定です。

■アフリカ
ナイジェリア(3大会連続6回目)
エジプト(7大会ぶり3回目)
※残り3枠は11月6日の最終節で決定


アジアは既に4枠が決定
残り0.5枠をめぐるプレーオフは、オーストラリア対シリアで、初戦は1−1のドロー。第2戦は延長戦の末オーストラリアが2対1で競り勝ち、2試合の合計で3対2と上回り、北中米カリブ海予選の4位ホンジュラスと対戦する来月の大陸間プレーオフ進出が決定
シリアは、あと少しだったのに残念でした!戦乱の最中、本当によく頑張ったと思います。

■アジア
イラン(2大会連続5回目)
韓国(9大会連続10回目)
日本(6大会連続6回目)
サウジアラビア(3大会ぶり5回目)

プレーオフ進出 オーストラリア 
第1戦:11月6日/第2戦:11月14日
ホンジュラス 対 オーストラリア (ホーム&アウェー)


北中米・カリブ海は3枠が決定。
アメリカは、まさかの敗退。アジア5位のオーストラリアと闘うプレーオフ進出はホンジュラス

■北中米・カリブ海 3.5枠
メキシコ(7大会連続16回目)
コスタリカ(2大会連続5回目)
パナマ(初出場)

プレーオフ進出 ホンジュラス
第1戦:11月6日/第2戦:11月14日
ホンジュラス 対 オーストラリア (ホーム&アウェー)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック