牛肉そっくりの大豆で作る遺伝仕組みかえハンバーガーの記事2018/01/11 20:35

wiredにヤバそうな記事が出ています。

以下抜粋

牛肉そっくりの「合成肉」でハンバーガーができるまで──奇妙な「科学」の裏側と、安全性を巡る攻防

ここで紹介するのは、大豆と遺伝子組み換え酵母、そして行動によって世界を変えるという使命を帯びたフェイクミートをつくる、インポッシブル・バーガーのインサイドストーリーだ

インポッシブル・フーズは、月あたり約136トンから450トン規模以上に生産量を拡大するため、工場をつくったところだ。

以上引用
wired.jp/2018/01/11/the-impossible-burger/


これって、この記事と同じ種類のフェイクミートですよね。。

日清カップヌードルに遺伝子組み換え大豆が使われていたことを露消費監督庁が発表
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747205

お汁粉を『あっと驚くほど美味しくするテクニック』2018/01/11 20:40

本日1月11日は鏡開きの日ということで、お汁粉を食べる方も多いと思います。

そこで今回は、お汁粉を『あっと驚くほど美味しくするテクニック』をご紹介したいと思います。

つづきは
http://guild3.exblog.jp/26548517/

OECD加盟国の中で、アメリカが子供の死亡率が最も高い。イギリスで貧困が国民の4分の1にまで拡大2018/01/11 22:41

こんなニュースが出ています。

以下引用

OECD加盟国の中で、子供の死亡率が最も多い国はアメリカ

アメリカが、OECD・経済協力開発機構の19の加盟国の中で、子供の死亡率が最も高い国です。

アメリカの新聞、ロサンゼルスタイムズによりますと、WHO・世界保健機関やが発表した統計では、アメリカは、長年にわたり、経済協力開発機構の加盟国のうち、子供の死亡率の面で、首位となっています。

中略

アメリカは、他の富裕国に比べて、自国の1人当たりの国民総生産のうち、児童保健福祉計画に利用される金額が少ないとされています。

この報告によりますと、アメリカは富裕国の中で、子供の出生にとって最も危険な国だとされています。

以上引用 以下全文は
parstoday.com/ja/news/world-i38719

これ、貧困もあるが、ワクチンの接種義務(小学校に入学するために必要)が30種類とか狂気の沙汰なのも関係していそうですよね。


こんなニュースも

以下引用

イギリスで、この20年間に貧困が拡大

イギリスの研究所が、この20年でイギリスでの貧困が国民の4分の1にまで広がっていることを明らかにしました。

イギリスのジョセフ・ジョン・トムソン研究所が、昨年12月の報告において、「イギリスでは、2002年と2003年に、退職者や人数が多い家族の間で貧困が減少したにも拘らず、この数年でこの二つのグループに加え、子どもや若者、そして、子供のいない人々の貧困率が上昇の一途をたどっている」としています。

以上引用 以下全文は
parstoday.com/ja/news/world-i38577

新自由主義が、こうした現象を引き起こしているのです。