プルサーマル原発の九州電力玄海3号機が再稼働2018/03/23 23:52

これ、一番ヤバいやつですよ、プルサーマル原発

九州電力
玄海3号機が再稼働 プルサーマル実施へ
mainichi.jp/articles/20180323/k00/00e/040/240000c

緊急防護措置区域の半径30キロ圏内に福岡、長崎両県を含む3県8市町が入り、有人離島は国内の原発では最多の20に上る。避難計画の対象は計26万人を超す。
nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/403115/



以下引用

【抗議声明:玄海原発3号機再稼働 断固抗議する /九州電力の安全性軽視を絶対に許さない】

玄海3号機はプルサーマル炉であり、福島第一原発の事故が明らかに示している通り、特に危険である。MOX燃料の使用は、そもそも設計違反であり、制御を困難にする上、玄海3号機装荷の燃料は安全余裕がギリギリまで狭められている事実からして危険極まりない。今回の再稼働ではさらにMOX燃料つまりプルトニウムの量を増やすという暴挙、福島事故の後にこのような危険をなぜわざわざ冒すのか、この行為・姿勢自体が許しがたいものである。

これまで九電は、「万が一の事故においても、放射性物質の放出量は、福島第一原発事故時の約2,000分の1であることが確認された」とリーフレットに書き、極めて限定的な都合のよい条件において、玄海原発の安全性は向上したと地元住民へ吹聴し続けてきた。このようなやり方は更なる安全性と信頼性を裏切る偽装行為の一つである。

以上引用 以下全文は
saga-genkai.jimdo.com/2018/03/23/a/


何で福島の2,000分の1になるのか、全く意味不明である。
原発は稼働させるべきでは無い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック