オーストラリアでさえ得が無いTPP2014/12/03 20:10

重要な記事なので、マスコミに載らない海外記事さんから抜粋して転載

詳しくはリンク先をご覧下さい。


以下引用

TPPによるオーストラリアの経済成長はゼロであることを示すアメリカの報告書
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/tpp-a0cf.html

アメリカの報告書は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)で得られる、オーストラリアの経済成長はゼロであることを示している。

“アメリカ農務省は、たとえ全ての関税や他の輸入障壁が除去されても、オーストラリアが、TPPで期待できる経済成長はゼロであることを示す報告書を発表しました


中略

“報告書21ページにある表は、もしTPPで、あらゆる関税(輸入品に対する税金)が無くなって、ゼロになり、他の全ての輸入に対する制約も除かれたら、TPP参加国それぞれが、どれだけ経済成長するだろうかを評価しています。これは、TPP参加国の一部とは、農産品貿易の増加はあるという事実にもかかわらず、GDPの総合的な増加は、オーストラリアや他の5ヶ国にとってはゼロで、他の国々では、10年間で、ごくわずか増えることを示しています”とラナルド博士は述べた。

“この調査は、オーストラリアに負の影響をもたらしうる、医薬品価格をより高くしたり、著作権費用をより高くしたり等の影響がある、協定中の関税以外の条項については、経済効果を評価しようとしていません。つまり我が国政府は、まさに経済成長の可能性ゼロと引き換えに、ISDSとして知られている、我が国の法律を変更したことに対し、外国投資家が政府を訴える権利や、医薬品価格の上昇、著作権費用の上昇、その他諸々の、アメリカからの要求に合意しようとしている可能性があるのです。政府はそのような交渉から立ち去るべきです。”

以上引用


農業大国・資源大国のオーストラリアでさえ得が無いTPP

日本にとっては、植民地的強奪です。

TPPに反対しましょう。

コメント

_ (未記入) ― 2015/03/30 11:23

だれかが私に成りすまして、勝手に私の本名と住所をさらしています。そのコメントを削除してくださるようにお願いします。

_ 成りすましの被害にあった者です。 ― 2015/03/30 13:47

私はネットでは12434という名前を名乗っています。最近私に成りすまして本名や住所を勝手に晒しまくっている人がいて困っています。TPPに反対しているのは事実です。

私は拓殖大学の関良基准教授のブログによく出入りしますが、そこでも私の成りすましがいました。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/63489f632476963ae9341a6cf505c0fe?guid=ON

_ velvetmorning ― 2015/03/31 14:29

削除しておきました。
よろしくお願いいたします

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック