TPP新情報 引き続き要注意!!2017/11/11 19:49

希望の党の共同代表に、竹中平蔵やTPP推進のUSTRのフロンマンと同じハーバードケネディスクールで、日中戦争を画策したジョセフ・ナイ学長を『紳士』と呼び、小泉進次郎と一緒になって農林水産省解体を進める玉木雄一郎が就任したようですが、TPPで新たなニュース


こんなニュースが入っています。
以下日本農業新聞さんより引用


TPP11 首脳会合見送り 大筋合意 カナダ反発
2017年11月11日
農政 TPP報道2017年11月

 【ベトナム・ダナン西野拓郎、玉井理美】環太平洋連携協定(TPP)署名11カ国は10日午後に予定していた首脳会合を見送った。9日夜の閣僚会合後、共同議長国の日本が大筋合意したと発表。首脳会合で正式に確認する方針だったが、カナダが反発した。大筋合意目前だった、米国を除く11カ国の新協定「TPP11」は、土壇場で各国の不協和音が露呈した。今回は首脳間での確認が見送られる可能性もある。
 茂木敏充TPP担当相は9日夜に開いた閣僚会合後、大筋合意に達したと表明。「成長著しいアジア太平洋地域で自由で公正な新しいルールを作るという大きな意義がある」と語った。

 だが、カナダが大筋合意に至っていないと反発。シャンパーニュ国際貿易相は10日、ツイッターに「大筋合意していない」と書き込んだ。カナダのメディアは、知的財産などの合意内容に納得していないと報じている。

 安倍晋三首相は同日、「首脳レベルで合意を確認できる段階にない」とカナダ側から伝えられたと記者団に説明した。交渉筋によると安倍首相が、カナダのトルドー首相と会談し、翻意を促しても、折り合えなかったという。トルドー首相は、首脳会合の会場に現れなかった。

 11カ国は9日までの閣僚会合で詰めの協議を行い、TPP11は大筋合意する公算が高まっていた。従来のTPPの合意水準をほぼ維持する一方、医薬品のデータ保護期間などを米国復帰まで凍結する。

 TPP11について、日本国内の農業者からは農業分野の合意内容見直しを求める声が出ていた。従来のTPPでは、乳製品などで米国を含む全参加国向けの低関税輸入枠(TPP枠)を設定。TPP11で離脱した米国分を差し引かず、枠数量を維持すれば、ニュージーランド(NZ)やオーストラリアが輸入枠を満たし、これと別に米国から自由貿易協定(FTA)で市場開放を迫られる可能性があるからだ。

 今回、農業の合意内容は見直さない。その代わり、米国を含む従来のTPP発効が見込めない場合、再協議する規定を盛り込む。日米FTAが交渉入りした場合を想定し、日本政府は、将来の農業分野の合意内容の見直しに足掛かりを残したとしている。だが、実効性は不透明だ。

 茂木担当相は閣僚会合で、再協議の対象について、TPP枠やセーフガード(緊急輸入制限措置)の発動水準を想定していると発言。各国から異論が出なかったという。だが、TPP枠を米国抜きの水準まで縮小できるかは協議結果次第だが、極めて厳しそうだ。TPP11が発効した場合の農業分野への影響も検証されていない。

以上引用
agrinews.co.jp/p42449.html

で、こんなニュースもあり

TPP新協定を公表 米離脱で20項目の凍結など明記
3.nhk.or.jp/news/html/20171111/k10011220251000.html

いろいろ情報が、よく分かりません。

以下は、内田聖子さんのツイートより


内田聖子/Shoko Uchida
@uchidashoko

11日、合意内容発表=首脳会合は見送り-TPP11:時事ドットコム jiji.com/jc/article?k=2… @jijicomさんから 結局、今日の夜に「大筋合意」を11カ国の閣僚間で「再確認」し、明日に内容を発表する、ということになったようです。首脳会合はなし。

しかしまったくよくわかりません。カナダは昨日までに労働者の権利や環境、知財など様々な点でもめていたため会合にも欠席したようで、今晩すべて決着したとは思えません。明日発表される「合意内容」を詳しく見極める必要があります。まだくすぶる議題が残っているかもしれません。

このところ「大筋合意」や「大枠合意」など様々な言葉が多用されるが、今回のTPP11については「○○合意」と名付けるに値するのか相当怪しい。「主要要素は合意したが引き続き議論する分野が残る」、しかも細かい点でなくそれなりに大きなイシューが未決着って、普通に考えて「交渉中」でしょう。

草案によると、担当閣僚は「CPTPP」と呼ぶTPPの中核的要素では合意したと表明。ただ「署名に向け最終的な文言を整備する」ため合意が必要な分野での協議は必要との認識も示されている。

ベトナムで本日発表された茂木大臣とアイン商工相によるTPP大筋合意に関する閣僚声明。海外経由で文案を入手。それによると①新しいTPPの名称は「the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership (CPTPP).」(包括的で革新的なTPP」となった(政府訳ではありません)。

②2017年5月、各国閣僚は、包括的かつ質の高い協定を迅速に実施するための評価プロセスを実施することを政府担当者に命じた。その後数ヶ月にわたり当局はTPPの重要な利益を維持するバランスの取れた成果に到達するよう努めてきた。(要約)

③閣僚は「包括的かつ革新的なTPP(CPTPP)」の中核的な要素に合意したことを発表する。閣僚はTPPの規定を組み込み、また一時的に停止される規定を定めた附属書I及びIIに合意した。このテキストは実質的な進展が見られたが、しかし署名に先立ち合意されなければならない4つの特定項目のリストを含む。

④.閣僚は、締約国の商業的およびその他の利益を確保し、また締約国において優先的に立法及び規制を設定する柔軟性を含む権利を保持しつつ、CPTPPがTPPの高い水準と全体的なバランス及び完全性を維持することに合意した。また各締約国が文化政策を保護し、発展させ、実施する権利を確認した。(要約)

⑤閣僚は、CPTPP第6条に留意し、TPPに関する状況を反映するために、見直しの範囲がCPTPPを修正する提案に及ぶ可能性があるとの認識を共有した。 ※本体テキストが入手できていないので第6条は不明です。

⑥さらに閣僚は、TPPにて11カ国の間で署名されたすべてのサイドレターは、関係国が別段の決定をしない限り、原則的に維持されることを決定した

⑦閣僚は、合意がまだ達成されていない項目の確定に向けた努力を継続すること、また署名のための最終協定文を準備するため、英文テキストの法的検証と翻訳作業を継続するよう政府担当者に任命した。 ※ここは非常に重要で、まだ合意が達成されていない項目があることが明示されています。

⑧閣僚は、各国が署名に先立ちパブリック・コンサルテーション(公の意見聴取)を含めた国内プロセスを追求する必要があると認識している。 ※全体的な分析は別途しますが、閣僚声明で合意に達していない項目も残っていることがわかりました。日本政府による詳細な説明を求めたいと思います(終了)


追記)今回発表された、TPP協定の「凍結項目」20項目と、未決着で今後の協議が必要である4つの項目については、添付写真の文書に記載されています(付属書2)。翻訳と説明は別途お送りします。念のため、この文書は昨日のドラフト段階のものです。

凍結項目については後ほど詳しい説明やコメントを流します(これから帰国、空港に行かなければ!)。ただ、肝心の新協定文(閣僚声明で付属書Ⅰに該当する文書)がないと詳しく分析できないので、週明けになるかもしれません。あしからず。

以上引用 だそうです。
mobile.twitter.com/uchidashoko


いずれにしても、引き続き要注意!です。

TPPまだまだ要注意です!!2017/11/01 20:25

ニュージーランドが新政権でTPP脱退という話でしたが、こんなニュースが

以下引用

ニュージーランド(NZ)のアーダーン首相は30日、米国の環太平洋経済連携協定(TPP)離脱後、残る参加11カ国が早期発効をめざす「TPP11」にNZが批准する可能性に言及した。日本などが大筋合意のめどとする11月10~11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合の前に「障害の解決策を見いだしたい」との意欲を示した。
nikkei.com/article/DGXMZO22864650Q7A031C1EAF000/


脱退するんじゃなかったのか?、TPPまだまだ要注意です!!
STOP TPP !!

ニュージーランドで、TPP見直しを公約に掲げた新政権誕生だそうで、TPPの生みの親ニュージーランドのTPP離脱が確定とのこと2017/10/22 17:06

これは超朗報です。

ニュージーランドで、TPP見直しを公約に掲げた新政権誕生だそうで、TPPの生みの親ニュージーランドのTPP離脱が確定とのこと。

以下引用

創始国の波乱 痛手 TPP、日本「NZ抜きでも」
2017/10/20付日本経済新聞 朝刊

 環太平洋経済連携協定(TPP)の創始国、ニュージーランドの政権交代により、TPPの合意内容の一部に反対する労働党と新興政党NZファーストによる連立政権が誕生する。米国を除いた11カ国での発効に、最も積極的だったNZが一線から退くことで、ともに交渉を主導してきた日本政府に大きな痛手となることは間違いない。

 19日午後、政権交代の一報を受けたTPP等政府対策本部の幹部は「えっ…」としばらく絶句した。…
nikkei.com/article/DGKKZO2246231019102017FF2000/

 ニュージーランド(NZ)で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の見直しを公約に掲げた新政権の誕生が決まり、11月の大筋合意に黄信号がともっている。早期合意に積極的な立場を取ってきた先頭集団の一角だけに、慎重派に転じれば影響は必至。日本は米国に加えNZも離脱する事態を念頭に、残り10カ国による発効を検討する。
sankei.com/economy/news/171020/ecn1710200050-n1.html

以上引用

さようなら秘密貿易交渉TPP ,もう二度と出てくるなよ。

北朝鮮ミサイル劇場に映り込む統一狂会2017/08/29 21:22

毎度おなじみの北朝鮮のミサイル劇場ですが、中国とロシアは、米韓合同演習を止める代わりに北朝鮮のミサイル発射を止めさせると言ってます。

キムジョンウン斬首計画みたいな作戦やっておいて、ミサイル(ロケット)発射すると「挑発だ!」と叫ぶ

これでは、何の解決にもなりません。状況は悪化するだけという話

中国とロシアの提案は、非常にまともだと思います。


米韓合同演習止めて、北朝鮮もミサイル発射止めろ。


以下、皆様のツイートより引用

ミサイルは3つに分離し、3つとも、午前6時12分ごろ、北海道の襟裳岬東方の東、およそ1180キロの太平洋上に落下したものと推定されます。破壊措置の実施はありません」と伝えました。 w


弾道ミサイルならば「日本上空」ではなく、「宇宙空間」を通過して公海上に落ちた事になる。 マスコミは勿論、政府もJアラートまで出して大騒ぎし、安倍総理までもが“日本が狙われた”と発言する根拠は何なのだ?

今回の北朝鮮のミサイルは北海道の上空550kmを飛行した模様。国際宇宙ステーションが上空400kmに存在するので日本に影響があるわけ

スペースシャトルや宇宙ステーション(400km上空)のはるか上空(2,000km)通過した北朝鮮ミサイルに大騒ぎして得するのは? ・安倍様のNHK・軍事産業・不正議員・森加計・電通・極右

テレビも北朝鮮のミサイルだ、Jアラートだと大騒ぎ。“日本を狙っていなくても落下物が落ちて来るのが怖い”って、ミサイルが通過した日本上空の高度550キロに一体どれだけの数の衛星があると思っているのだ?それが燃え尽きずに落ちて来るのを心配するのと同じ、それこそ「杞憂」の世界だろうが。


国際的な宇宙の概念は高度100Km以上で、これ以上の高度で人工衛星が飛んでいても、誰も領空侵犯などとは言わない 今朝の北ミサイルの高度は550Km 安部晋三は「我国の上空」と言ったが真っ赤なウソ ロシアも中国も、今もばんばん飛んでる

なんで昨夜に限って、宿泊などしたためしのない総理公邸に安部晋三が宿泊したのか? なんで朝6時にいるはずのない役場に職員がたくさんいたのか? すべて安部晋三が北朝鮮から発射の連絡を受けていた証拠

愚かな国民はだまされる! 日本を狙っていない。 上空と言っても宇宙。 「完全に把握」は嘘。 Jアラートが届いたのは7分後。 万が一日本を狙っていたら間に合わない。 詐欺師安倍は今回も 「俺はツイてる。支持率上がる」と考える。

ミサイル攻撃云々で大騒ぎする暇があるなら、原発再稼働を止めるのが筋である。此れを問題にしないで騒ぐのは馬鹿げた話と見るべき。

迎撃ミサイルPAC3が戦闘機の迎撃向きであり弾道ミサイル迎撃には役立たずである事は分かった上で米国は日本に此れを売却し日本側も此れを承知している。単に軍産を儲けさせるだけのガラクタでしかない。

ネトウヨなんていうのは、結局、自分が反日勢力であることを隠している詐欺師か、自分が反日勢力であることに気づいていない白痴か、どちらかしかいないよ。

ミサイル発射報道があると、まるで日本が直接攻撃されているかのように危機を煽るメディアが多数あるので、直接的な主権侵害となる日本の「領海」の範囲がどこまでかを張っておきますね。日本の領海は以下の海上保安庁HPの図だと黄色い部分だけ。その他は排他的経済水域と接続水域などです。 pic.twitter.com/fDuQhHaMvQ


安倍晋三は、26日のミサイル発射も、今日のミサイル発射も、前日から公邸泊してますから、安倍晋三や官邸は、もっと前から情報つかんでたかもしれませんね。というか、公邸嫌いの安倍晋三が私邸に帰らず、公邸泊だから、よっぽどで、確実に情報つかんでるんでしょうね!

とっくに上空は通過してるのに、延々と同じことを繰り返して煽っている。 「6時6分頃北海道上空を通過した模様」と10分前のことを今にも空襲がくるかのごとく。 「繰り返します…」 「繰り返します…」 「Mネットからの情報を繰り返します」 通過15分経過 まだ止めない。 まだ止めない。

小野寺防衛大臣の会見を見て、左後ろにいる人物に驚き。統一教会(世界平和統一家庭連合)関連イベントに参加し、教祖文鮮明の妻を「マザームーン」と呼んでカーネーションをプレゼントしたという山本朋広議員ではありませんか!!防衛政務官にまで出世したとは!忖度か!? pic.twitter.com/KQNThx7cBO

以下

山本朋広 hpより引用

1975年6月 京都市左京区に生まれる
1988年3月 京都市立明徳小学校 卒業
1991年3月 京都市立洛北中学校 卒業
1994年3月 京都府立北稜高校 卒業
1998年3月 関西大学 商学部商学科 卒業
2000年3月 京都大学大学院 法学研究科 修了
京大では村松岐夫教授に薫陶を受ける
2000年4月 (財)松下政経塾 入塾 (21期)
2001年7月 米ジョージタウン大学 客員研究員
米国では、アーミテイジ・アソシエイツ上級顧問
ロビン・サコダ(元米国国防省日本部長)に師事
2003年3月 (財)松下政経塾 卒塾
地元京都に戻り政治活動を開始
2003年8月~9月 在ハワイ、EAST-WEST CENTERから招聘を受け13th New Generation Seminarに参加
同年9月 在マレーシア、Institute of Strategic and International Studies (ISIS)から招聘を受ける
その後、地元京都で会社員などを経て
2005年4月 公募制度で最高得点を獲得、京都府第2選挙区支部長に就任
2005年9月 第44回衆議院議員総選挙(近畿ブロック)において初当選
衆議院財務金融委員、環境委員、総務委員、文部科学委員、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員など歴任
2009年8月 第45回衆議院総選挙 惜敗
2011年1月 神奈川県第4選挙区支部長に就任
2012年12月 第46回衆議院総選挙(南関東ブロック)において2期目当選
2013年1月 衆議院文部科学委員会理事、青少年問題に関する特別委員会理事、憲法審査会委員に就任
2014年9月 文部科学大臣政務官 兼 復興大臣政務官 に就任
2014年12月 第47回衆議院総選挙(南関東ブロック)において3期目当選
2015年6月 内閣府大臣政務官(オリンピック・パラリンピック担当)就任
2016年1月 文部科学委員会理事、科学技術・イノベーション推進特別委員会理事
2016年9月 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会委員
2017年8月 防衛副大臣 兼 内閣府副大臣
趣味  ボーイスカウト

以上引用
yamamoto-tomohiro.com/profile.html

なんだ、この圧倒的なジャパンハンドラーな履歴↓

2000年4月 (財)松下政経塾 入塾 (21期)
2001年7月 米ジョージタウン大学 客員研究員
米国では、アーミテイジ・アソシエイツ上級顧問
ロビン・サコダ(元米国国防省日本部長)に師事
2003年3月 (財)松下政経塾 卒塾


以下、松下政経塾HPより引用

著作 「北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に備える」 アーキテクト社 2003年
「包括的防衛ネットワークの可能性」にて防衛庁より優秀賞受賞(平成13年度)
「Show the flagの真意に迫る」 (岡崎研究所へ寄稿、2001年10月)
「靖国問題に継続した議論を」 (岡崎研究所へ寄稿、2001年9月)
mskj.or.jp/profile/yamamoto.html


以下、ほぼ日刊カルト新聞さんより引用

山本ともひろ 来賓挨拶 2017年5月14日】
『孝情文化フェスティバル in TOKYO』での山本朋広衆議院議員の来賓挨拶


 皆様こんにちは!(「おおーっ!」歓声)ただ今ご紹介賜りました、自民党衆議院議員の山本ともひろです。本日は母の日、孝情文化フェスティバルin Tokyo開催、まことにおめでとうございます。またお招きをいただきましてありがとうございます。(拍手)
 日頃より世界平和統一家庭連合の徳野会長、また世界平和連合の太田会長を始め本当に皆様には我々自民党に対して大変大きなお力をいただいていますことを改めて感謝を申し上げたいと思います。おかげさまで安倍政権も5年目を迎えまして『長期安定政権』そのように評価をいただいているところでございます。政治の安定は平和への一歩であります、そういった意味合いからも皆様には引き続き我々に大きなお力を賜りたいと思います。(拍手)
 本日は、母の日ということで、わたくしも皆様より一足早くお先にマザームーン(韓鶴子)にカーネーションの花束をプレゼントさせていただきました。(拍手)今、大きな拍手をいただいて僭越なのですが、今までわたくしの実の母にもあんな立派な花束を贈ったことがないな。(笑い)あまり親孝行ができてないと反省をしていたのですが、よく考えますとわたくしの母はわたくしにとっての母でしかありませんがマザームーンは今日お集まりの皆さまにとっての母でありますので、花束が多少大きくて立派でもわたくしの母は許してくれるのではないのかなとそのように思っております。(拍手)
 今日は母の日ということで、マザームーンから皆様にいろんな話があると思います。そして皆さまからマザームーンへ対しての感謝の思いがマザームーンへ伝わる。おそらくマザームーンにとっても、今日ご参集の人たちにとっても今日は特別な日になるだろうと確信をしております。(拍手)
 さて本日、わたくしがお招きをいただいた一つの理由としましては、実は昨年ILCインターナショナル・リーダーシップ・カンファレンスにおきまして、世界平和国会議員連合を作ろうという議決がなされました。(拍手)そして昨年の7月にキックオフとしてネパールで第一回の会合が開催され、わたくしも国会議員団の一員として参加をしてまいりました。その後、世界各地でこの世界平和国会議員連合の支部がヨーロッパ、アフリカ、北米、南米とずっと開催をいたしまして、そして今年の2月に全世界でこの支部が設立をされ、その報告を兼ねて韓国で世界平和国会議員連合の会合が行われ、わたくしもその会合にまた国会議員団の一員として参加をさせていただきました。(拍手)日本の国会議員としてはこのキックオフ、そしてゴール、この会合、両方とも参加をさせていただいたのはわたくし一人でしたので、まあそのご縁で今日はお招きをいただいたと承知をしております。(拍手)
 世界平和そして家族の力、絆、これは誰も否定できるものではありません。わたくしも一国会議員という立場でございますが世界平和のための一助になりたいと思っております。今日ご参集の皆さまにも引き続きお力を賜りまして世界平和に貢献をしてまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
 今日は、マザームーンと共に皆さまと特別な一日を過ごしたいと思いますのでどうぞよろしくお願いをいたします。本日はまことにおめでとうございました。ありがとうございました。


来賓挨拶を終え教団幹部と談笑する両国会議員
山本議員には教団関連政治団体である世界平和連合による後援会お抱え疑惑や、教団名改称を認証した当時の文部科学大臣政務官時代に下村博文文科相(当時)とともに所管する文化庁への圧力をかけた疑惑などが噂されている。また、宮島議員も2016年の参院選で同教団の組織票の上乗せで当選したと指摘されていた議員だ。

以上引用
dailycult.blogspot.jp/2017/06/blog-post_28.html

なんというか、完全にあちら側の人 爆笑
自分の母親より統一協会の母って、スゴイな。


ロビン・サコダ(元米国国防省日本部長)に師事
って誰??

以下引用

[新アーミテージレポート]
サコダ氏は2000年に発表されたナイ・アーミテージレポートに関わってましたが、最近その第二段に取り組んでいるとのことで少し話しがありました。
mkoike.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_78f2.html

アーミテージ・ナイリポート作った奴じゃん!!

というか、以下引用

2002/12/06 - 【ワシントン5日共同】アーミテージ米国務副長官の首席補佐官に、日系人で元国防総省日本部長のロビン・サコダ氏が近く就任することが分かった。

2009/05/13 - ロビン・H・サコダ. アーミテージ・インターナショナル. インターナショナル. インターナショナル・パートナー、元国防省日本部長. 1995 年日米防衛協力ガイドラインの見直し時に国防省日本部長を務める。

何だ、このバリバリのジャパンハンドラーネオコンの爺

こんな記事もありました。

 (引用開始)

 アメリカのCSISがリチャード・アーミテージ元国務副長官をヘッドにした視察団を日本に派遣した。視察団は、政府や与野党の幹部と面会したが、このままでは日本の問題は政治だという結論に達しそうだと心配した関係者が、急遽、次世代の政治家とも意見交換を、と民自連の世話人に声をかけ、意見交換の夕食会が実現した。

先方のメンバーは

リチャード・アーミテージ元国務副長官

ティム・アダムス元財務次官

ジョセフ・ブース ルイジアナ州立大学災害マネジメント研究所

マイケル・グリーン ジョージタウン大学准教授

チャールズ・レイク アフラック会長

ランディ・マーティン マーシーコープス ディレクター

スティーブ・モリソンCSIS国際医療政策センター所長

ティエリー・ポルテ日米友好基金理事長

デビッド・パンフリー元エネルギー省次官補(CSIS)

スタンリー・ロス元国務次官補(Boeing)

ロビン・サコダ アーミテージインターナショナル

ニコラス・セーチェーニ CSIS(日本部)

油木清明 CSIS/経団連

taro.org/2011/06/post-1034.php

(引用終わり)

 アーミテージ、CSIS日本部長のグリーン、米商工会議所を代表するチャールズ・レイク、新生銀行頭取だったティエリ・ポルテ(三極委員会)、ロビン・サコダ(アーミテージ・インターナショナル)らは、私にはおなじみの顔ぶれである。ボーイングからも一人スタンレー・ロスが参加しているのも興味深い。アメリカは自社の飛行機開発に三菱重工などの日本のメーカーを取り込んだので、今回のサプライチェーン危機に直面した。そのためボーイングが参加しているのだろう。

 安全保障・危機管理の専門であるアーミテージ、グリーン、セーチェーニだけではなく、財務次官や米商工会議所の人間が加わっていることが重要である。アメリカは日本の財政問題に関心を持っている、ということだ。そして米国は財政赤字が著しいので、日本にどの程度まで増税させるかということを調査しにきたようである。財務官僚との非公式の会合ももたれたのではないか。

 レイクは郵政民営化の時にも米財界ロビイスト代表として政界工作を仕掛けた人物。レイクが含まれているということはこのCSIS調査団は、米国が進める太平洋経済圏戦略のTPP(環太平洋戦略パーナーシップ協定)の地固めという意味である。

 最後の油木清明(あぶらききよあき)については、経歴を調べてみた。現職は、(社)日本経済団体連合会 政治グループ長であり、米マサチューセッツ工科大学(MIT)日本研究所リサーチフェローである。要するに、油木は経団連の代理人であると同時に、MITのリチャード・サミュエルズ教授の部下であるということだ。サミュエルズは日本の安全保障の専門家であり、同時にシミュレーションを使った日本の政治家たちの意思決定に関する教育プログラムを実施している。

 

 カウンターパートとしての民自連のメンバーは以下のとおり。正式名称は「国難対処のために行動する『民主・自民』中堅若手議員連合」という。略して民自連である。

 菅義偉(自) 樽床伸二(民) 河野太郎(自) 岩屋毅(自)松野頼久(民)梶山弘志(自)長島昭久(民) 笠浩史(民)北神圭朗(民) 平将明(自)

以上引用
chikyuza.net/archives/11108


TPP推進した連中です!!
売国奴!!

またまたTPP会合を箱根で開催中らしいので要注意!!2017/07/13 22:58

油断も隙も無い。
こんな会合やっているようです。


TPP首席交渉官会合、箱根で開幕 (1/2ページ)
2017.7.12 22:02
sankeibiz.jp/macro/news/170712/mca1707122202024-n1.htm

TPPが一番悪質だとして、他のFTAとかTISAとかも要注意です。
日欧EPAもRCEPも、まだまだ詳細がよく分かりません。
関税の問題だけじゃ無いはず。

種子の問題とか、水の民営化問題とか大丈夫なのか?


日本を草の根から根本的に変えると言ってたのが、日本で初めて水道民営化した松山市の地元政治家・塩崎恭久厚生労働大臣。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/10/20/7017154

日本人の雇用を非正規にし、国民年金基金GPIFの金を株式にぶち込んで15兆円大損させた人物。

毎度おなじみのハーバードケネディスクール
ハーバードケネディスクール学長は、日中戦争漁父の利計画のジョセフ・ナイ
改憲しろ、戦争法案通せの第三次アーミテージレポートのジョセフ・ナイ
不正選挙パソナの竹中平蔵でおなじみ。


なんといっても、日銀や国民年金基金GPIFがユニクロ(日本で生産しない会社というか、日本の服産業を壊滅させた会社=それまで2500円の工賃だった服を10万着注文するから800円にしてくれと日本の工場に頼み、10万着のオーダーならと設備投資して対応したら、その注文だけで海外へとんずらし、設備投資した工場は壊滅→1990年には50%だった日本製の服は現在では2.8%以下)の大株主になるとか、国家ぐるみで売国日本なので

さらに国民年金の株式投資の売買やってるのが、人工知能だとNHKでやってました。

どこの会社が人々に良い生活をもたらすから投資するとかじゃなくて、儲かりそうと人工知能が判断したら買ったり売ったりする。

国民年金をばくちに使ってるわけです。


さらに、福島第一原発他の放射能汚染は放置して風評被害と言い切り、放射性汚染物質を大量に流通させ、検査すると癌と言われ、抗がん剤で本当に癌になり、巨額の費用がかかり、その費用で株価上昇で成長戦略。

痛みが出ると、精神治療薬飲まされ、薬漬けに。
儲かるのは、特定の株主だけ。

本当に末期的な世の中ですね。。

アメリカ抜きのTPPとやらをいまだに推進しようとしているグローバル資本の走狗達が会議2017/05/21 22:01

アメリカ抜きのTPPとやらをいまだに推進しようとしているグローバル資本の走狗達が会議やってるそうで
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000089-mai-bus_all

トランプ弾劾で、ペンスが大統領就任→TPP推進とかシナリオですか??

いずれにしても、TPP詐欺を諦めない連中が居るので要注意です。

TPPは終了です。

主要メディアに全然出ていませんでしたが、いつの間にか種子法廃止が決まってしまっているようです。2017/04/18 20:49

主要メディアに全然出ていませんでしたが、いつの間にか種子法廃止が決まってしまっているようです。

以下、日本農業新聞さんより引用

種子法18年に廃止 都道府県の財源確保課題
2017年04月15日

 稲、麦、大豆の種子生産を都道府県に義務付ける主要農作物種子法(種子法)の廃止法が14日成立した。都道府県の育成品種を民間に開放し、種子開発を活性化させる狙い。施行日の2018年4月1日に、種子法は廃止される。基礎的な食料の種子の安定供給を支えてきた政策の、大きな転換点となる。

 廃止法は同日の参院本会議で自民、公明、維新の会の賛成多数で可決した。種子法廃止には、都道府県による種子生産の後退など懸念が根強い。公的な育種により種子価格を抑えてきたメリットがどうなるか、不透明感もある。

 農水省は、都道府県が今後も財源確保を確保し、安定的に種子生産に取り組めるよう関係省庁に働き掛けると説明しており、こうした対策徹底が欠かせない。

 種子法は1952年に制定され、都道府県に優良な品種を「奨励品種」に指定し、種子を生産、普及することを義務付けている。同省は、都道府県が自ら開発した品種を優先的に奨励品種に指定して公費で普及させており、民間の種子開発への参入を阻害しているとし、今国会に廃止法案を提出した。

 一方で、種子法廃止に対する懸念の声は根強く、参院農林水産委員会も13日、政府に都道府県の種子生産の予算確保や、都道府県の育種素材を民間に提供するなど連携の際は種子の国外流出を防ぐこと、外資による種子独占を防ぐことなどを求める付帯決議を採択した。

 同日の参院本会議では、国が農機検査などを実施することを定める農業機械化促進法の廃止法も、共産を除く賛成多数で可決、成立した。施行日は18年4月1日。

以上引用
agrinews.co.jp/p40616.html


モンサント後押し法案ですよね。。どんどんヤバくなっている


こんなニュースも


米国抜きTPP探る 「2国間」かわす算段 日豪閣僚きょう会談
agrinews.co.jp/p40639.html

米国居なかったらTPPは不成立で終了

TPPに沿って水道民営化や種子法廃止、農協の株式会社化などが推進されている2017/03/30 17:27

この記事、読んだ方が良いと思います。
TPPに沿って水道民営化や種子法廃止、農協の株式会社化などが推進されているようです。


以下一部抜粋 引用

【山田正彦 元農林水産大臣】狙いは農業・農協潰し―TPP協定に沿い法整備する日本政府

日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っています。
 その一環として「農協改革」があります。協同組合という考えがありませんから全農「株式会社化」とか、農業競争力強化支援法案(以下、競争力支援法)や種子法の廃止など8法案を国会に上程していますし、水道法を改定して国や自治体で管理していたものをすべて民間に任せるというTPP協定第15章の「政府調達」に沿ったものにしようとしています。
 TPP協定は、発効はしていないけれど、日本政府は着々と協定にそって進めているということですが、こうしたことを多くのメディアは報道していません。
 そして日米の交換文書のなかに「日本政府は米国の産業界の要望を聞いて、各省庁で可能な限りそれを検討させ可能なものについて、規制改革推進会議に付託する。規制改革推進会議の提言に日本政府は従う」という主旨のことが書かれています。

以上引用

以下全文は
jacom.or.jp/nousei/closeup/2017/170327-32338.php

トランプ米大統領は環太平洋連携協定(TPP)から「永久に離脱」する大統領令に署名2017/01/24 17:02

トランプ米大統領は環太平洋連携協定(TPP)から「永久に離脱」する大統領令に署名だそうです。


米、TPPから永久離脱 トランプ氏が大統領令
this.kiji.is/196208121401214454?c=39550187727945729

トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名
newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6795.php


これでTPPは完全に終了です。さようならTPP

ドナルド・トランプ氏が新しい米大統領に就任し、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明2017/01/21 21:37

ドナルド・トランプ氏が新しい米大統領に就任し、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明というニュース

とりあえず、一山超えたというところ。

以下引用

共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。トランプ新大統領は就任演説で、「米国第一」主義を宣言した。新政権は同日、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明。

以上引用
dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0360090.html