アメリカ抜きのTPPとやらをいまだに推進しようとしているグローバル資本の走狗達が会議2017/05/21 22:01

アメリカ抜きのTPPとやらをいまだに推進しようとしているグローバル資本の走狗達が会議やってるそうで
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000089-mai-bus_all

トランプ弾劾で、ペンスが大統領就任→TPP推進とかシナリオですか??

いずれにしても、TPP詐欺を諦めない連中が居るので要注意です。

TPPは終了です。

主要メディアに全然出ていませんでしたが、いつの間にか種子法廃止が決まってしまっているようです。2017/04/18 20:49

主要メディアに全然出ていませんでしたが、いつの間にか種子法廃止が決まってしまっているようです。

以下、日本農業新聞さんより引用

種子法18年に廃止 都道府県の財源確保課題
2017年04月15日

 稲、麦、大豆の種子生産を都道府県に義務付ける主要農作物種子法(種子法)の廃止法が14日成立した。都道府県の育成品種を民間に開放し、種子開発を活性化させる狙い。施行日の2018年4月1日に、種子法は廃止される。基礎的な食料の種子の安定供給を支えてきた政策の、大きな転換点となる。

 廃止法は同日の参院本会議で自民、公明、維新の会の賛成多数で可決した。種子法廃止には、都道府県による種子生産の後退など懸念が根強い。公的な育種により種子価格を抑えてきたメリットがどうなるか、不透明感もある。

 農水省は、都道府県が今後も財源確保を確保し、安定的に種子生産に取り組めるよう関係省庁に働き掛けると説明しており、こうした対策徹底が欠かせない。

 種子法は1952年に制定され、都道府県に優良な品種を「奨励品種」に指定し、種子を生産、普及することを義務付けている。同省は、都道府県が自ら開発した品種を優先的に奨励品種に指定して公費で普及させており、民間の種子開発への参入を阻害しているとし、今国会に廃止法案を提出した。

 一方で、種子法廃止に対する懸念の声は根強く、参院農林水産委員会も13日、政府に都道府県の種子生産の予算確保や、都道府県の育種素材を民間に提供するなど連携の際は種子の国外流出を防ぐこと、外資による種子独占を防ぐことなどを求める付帯決議を採択した。

 同日の参院本会議では、国が農機検査などを実施することを定める農業機械化促進法の廃止法も、共産を除く賛成多数で可決、成立した。施行日は18年4月1日。

以上引用
agrinews.co.jp/p40616.html


モンサント後押し法案ですよね。。どんどんヤバくなっている


こんなニュースも


米国抜きTPP探る 「2国間」かわす算段 日豪閣僚きょう会談
agrinews.co.jp/p40639.html

米国居なかったらTPPは不成立で終了

TPPに沿って水道民営化や種子法廃止、農協の株式会社化などが推進されている2017/03/30 17:27

この記事、読んだ方が良いと思います。
TPPに沿って水道民営化や種子法廃止、農協の株式会社化などが推進されているようです。


以下一部抜粋 引用

【山田正彦 元農林水産大臣】狙いは農業・農協潰し―TPP協定に沿い法整備する日本政府

日本政府は、米韓FTAで韓国が200本の法律を変えたように、TPP協定に沿った国内法の整備をどんどん行っています。
 その一環として「農協改革」があります。協同組合という考えがありませんから全農「株式会社化」とか、農業競争力強化支援法案(以下、競争力支援法)や種子法の廃止など8法案を国会に上程していますし、水道法を改定して国や自治体で管理していたものをすべて民間に任せるというTPP協定第15章の「政府調達」に沿ったものにしようとしています。
 TPP協定は、発効はしていないけれど、日本政府は着々と協定にそって進めているということですが、こうしたことを多くのメディアは報道していません。
 そして日米の交換文書のなかに「日本政府は米国の産業界の要望を聞いて、各省庁で可能な限りそれを検討させ可能なものについて、規制改革推進会議に付託する。規制改革推進会議の提言に日本政府は従う」という主旨のことが書かれています。

以上引用

以下全文は
jacom.or.jp/nousei/closeup/2017/170327-32338.php

トランプ米大統領は環太平洋連携協定(TPP)から「永久に離脱」する大統領令に署名2017/01/24 17:02

トランプ米大統領は環太平洋連携協定(TPP)から「永久に離脱」する大統領令に署名だそうです。


米、TPPから永久離脱 トランプ氏が大統領令
this.kiji.is/196208121401214454?c=39550187727945729

トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名
newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6795.php


これでTPPは完全に終了です。さようならTPP

ドナルド・トランプ氏が新しい米大統領に就任し、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明2017/01/21 21:37

ドナルド・トランプ氏が新しい米大統領に就任し、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明というニュース

とりあえず、一山超えたというところ。

以下引用

共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日(日本時間21日未明)、首都ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓し、第45代大統領に就任した。トランプ新大統領は就任演説で、「米国第一」主義を宣言した。新政権は同日、環太平洋連携協定(TPP)からの離脱方針を正式表明。

以上引用
dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0360090.html

TPP関連法案参院で可決2016/12/09 22:24

本当に意味不明な国

TPPが承認、関連法が成立 だそうです。

以下引用

環太平洋経済連携協定(TPP)は9日午後の参院本会議で、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決、承認された。関連法もこの後の採決で賛成多数で可決され、成立した。

 貿易と投資の自由化をめざすTPPの承認案は、安倍政権が今国会の最重要テーマに掲げてきた。米国はトランプ次期大統領が離脱方針を示しており、TPPの発効のメドはたっていない。日本政府は今回のTPP承認をテコに、米国へ早期批准を働きかける方針だ。
以上引用
nikkei.com/article/DGXLASFS09H2B_Z01C16A2000000/

TPP国会決議違反「明白」 事前協議時の交渉官が指摘
tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201612/CK2016120802000127.html

正真正銘の売国条約を承認する頭のおかしい人達。

キーNZ首相がTPP頓挫で辞任2016/12/06 21:28



キーNZ首相が辞意 家族生活を優先
2016/12/5 11:37 (2016/12/5 12:48更新)
nikkei.com/article/DGXLASGM05H29_V01C16A2EAF000/

関係国で唯一TPP法案を批准したニュージーランドが、TPP頓挫で辞任ですか、そうですか。

TPPは終了です。

オバマ政権は22日、任期中のTPP議会承認を断念する考えを正式表明2016/11/24 17:13

<TPP>オバマ政権、断念を正式表明 トランプ氏方針で
毎日新聞 11/23(水) 19:21配信

ドナルド・トランプ次期米大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)からの離脱方針を示したことを受け、オバマ政権は22日、任期中の議会承認を断念する考えを正式表明した。参加国間に足並みの乱れも出る中、TPPの枠組みを崩し、2国間の貿易協定交渉にかじを切るトランプ次期政権は現行の貿易体制に批判的な人物を要職に据え、強硬な交渉姿勢を取ることが予想される。

 アーネスト大統領報道官は22日の記者会見で、オバマ大統領の任期中にTPP承認法案の審議を目指す可能性を問われ、「次のステップとして示せるものは何もない」と述べ、断念する意向を表明した。アーネスト氏は「TPPが(グローバル化に対応する)我々の戦略だった。(TPP離脱は)悲劇的だ」と語った。

中略

 一方、トランプ氏は21日、政権移行チームの米通商代表部(USTR)担当に元米鉄鋼メーカー社長のダン・ディミッコ氏を起用すると発表。米メディアによると、通商交渉を担うUSTR次期代表の候補に名前があがっている。

 ディミッコ氏はTPPについて「悪い通商協定だ」と批判。中国などによる鉄鋼製品のダンピング(不当廉売)輸出を厳しく非難し、選挙中にはトランプ氏の通商政策顧問として「我々は既に貿易戦争の渦中にある」と唱えてきた。

以上引用
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000050-mai-bus_all


もうひとつCNNから引用

トランプ氏、就任後100日計画を発表 TPP離脱表明
CNN.co.jp 11/22(火) 10:54配信

ワシントン(CNN) 米国のドナルド・トランプ次期大統領は21日、就任直後の100日間で実施するという行動計画を大まかにまとめたビデオを公開した。

2分半のビデオで移民、貿易協定、国防などの政策に言及している。

トランプ氏は「鉄鋼生産にしろ自動車製造にしろ病気の治療にしろ、次世代の生産活動と技術革新は米国の労働者に富と雇用をもたらすよう、ここ米国で実現させたい」と述べた。

具体的な行動としては、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を改めて表明した。オバマ大統領が任期中最後の成果としてTPPの批准を目指してきたのに対し、トランプ氏は選挙戦で離脱を公約していた。

移民政策をめぐっては「米国人労働者の不利益となる査証(ビザ)制度の悪用を徹底調査する」と約束した。ただし、メキシコ国境に壁を建てるとの選挙公約には言及しなかった。

ビデオでは全体として、大統領権限で実行できる公約に焦点を絞り、オバマケア(医療保険制度改革)の撤廃や1兆ドル規模のインフラ投資など、議会の承認が必要とみられる項目には触れなかった。

以上引用
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-35092556-cnn-int

TPPは終了です。

ついに、オバマ大統領もTPP断念だそうです2016/11/13 13:42

ついに、オバマもTPP断念だそうです。

以下引用

オバマ政権がTPP断念 日本、急ぐ理由失う
2016年11月13日 朝刊

 オバマ米政権は環太平洋連携協定(TPP)の議会承認取得を断念した。ホワイトハウス高官が十一日、表明した。来年一月に就任するトランプ次期大統領はTPPからの脱退を明言しており、現状での協定発効は絶望的になった。安倍政権が、参院で審議中のTPP承認案と関連法案の採決を急ぐ理由はなくなった。

 アデエモ米大統領副補佐官(国家安全保障・経済担当)は電話記者会見で、TPPの取り扱いは「議会と次期大統領が協議することになる」と述べた。同席したローズ副補佐官も「国内の政治情勢は理解している」と議会承認は難しいとの考えをにじませた。
 オバマ大統領はTPPを政治的遺産(レガシー)にしたい考えだったが、米上院の過半数を制した共和党の重鎮が来年一月までの議会で承認する可能性を否定。オバマ氏は在任中の承認を諦めざるを得なくなった。トランプ氏が翻意しなければ、現在の協定が発効する可能性はなくなる。
 TPPの発効は参加十二カ国で経済規模が一、二位の日米両国の批准が必要条件になっている。
 一方、安倍政権は十日に承認案を衆院通過させた。オバマ氏の在任中に米議会がTPPを承認するわずかな可能性を後押しする狙いだったが、思惑が外れた。安倍晋三首相は今国会での承認を目指す方針を崩さず、トランプ氏の説得に乗り出すとみられる。
 これに関し、民進党の蓮舫代表は十二日、青森市内で記者団に「なぜ、こんなに急ぐのか。誰のために国会を動かして審議するのか」と批判した。

以上引用
tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201611/CK2016111302000109.html

普通に考えて、カラー革命仕込んで内戦してまでTPPに驀進したら殺されます。TPPは終了です。

TPP終了なのにTPP承認法案を衆院で強行採決したそうな。2016/11/10 22:10

TPP承認法案衆院で強行採決したそうな。

馬鹿なの??

ジャパンハンドラーのマイケル緑は、「日本の首相は馬鹿にしかやらせない」とは言ってたけど、これほど馬鹿とは思わなかった。

TPP脱退と、アメリカ大統領選挙で勝利したトランプが明確に言ってるわけだから、TPPは無いわけでしょ。

何がしたいのか、全く意味不明


アメリカでは、ヒラリーが勝つために不正選挙仕組んでいたジョージソロスと仲間達が、反トランプデモ仕込んで暴動だそうな。

ヒラリーを大統領にして、やっぱり病気で出来ないとかで、副大統領を昇格させてTPP推進という筋書きだったのだと思うけど


連中も、もうダメだと思うよ。
全部バレてるし。

トランプが大統領になっちゃったから、皆いろいろ気付いちゃうから。

マスゴミが嘘ばっかついていることも
不正選挙も人工芝運動も、リベラル帝国主義も

民主主義や人々の権利や自由や文化や歴史さえ破壊していく新自由主義・企業主義のTPPのことも

一部の多国籍企業や投資家の自由にさせたくない国家の中枢の人達は世界中にいっぱい居るから。

オフショアで税金も払わずに、不正選挙してやりたい放題法律作り、ISDで賠償金をふんだくる。そんな連中を野放しにしてたら、国家運営出来ないわけだから当たり前です。