安倍晋三 TPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁 西川農水大臣「(TPP)交渉の成否は農林水産関係の譲歩にかかっていた」2016/04/09 20:48

TPPですが、今度はこんな発言が

以下引用リテラ

安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか

またしても安倍首相がお得意の二枚舌を披露した。昨日、衆院TPP特別委で、民進党・柿沢未途議員から「かつては断固反対と言っていたTPPに活路を見出そうとしているのではないか」と質問された安倍首相は、平然とした表情で、こう言い放ったのだ。
「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかの如くのですね発言は慎んでいただきたい」
 ……言葉を失うとはこのことだ。柿沢議員は、安倍氏が自民党総裁として立ち、与党に返り咲いた2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターを突きつけていたが、それを見ながらなお、安倍首相は「TPP反対なんて言ってない」とシラを切ったのだ。

以上引用
lite-ra.com/2016/04/post-2142.html

この大嘘つきが。。

地方の自民党員は、皆、TPP絶対反対で選挙してましたよ。
上の写真やポスター見れば分かるでしょ。

今、アメリカの大統領選は、主力候補がほぼ全てTPP反対派になってますので、TPPが批准される可能性は極めて薄い。
なので、ほとんどの交渉参加国は、様子を見ているわけです。

その中で、こんなに早くTPP関連法案を押し通そうとするって、尋常では無いです。


で、この記事

交渉過程が赤裸々に…西川元農相「TPP暴露本」衝撃の中身
nikkan-gendai.com/articles/view/news/179030


さらにこの記事 以下引用

TPP暴露本「自分が書いた」 西川委員長の“肉声”マイクに
nikkan-gendai.com/articles/view/news/179164

マイクに気づかなかった西川委員長は、こう話している。

「あれは全部文書からはね。いまの新しいやつは消えているんですよ」
「自分できれいに整理したやつじゃなくて、一番古いのが出てるんですよ」
「書きなぐったやつが」

 要するに、民進党が入手したゲラは完成版じゃないということらしい。しかし、いずれにしろ、西川委員長が書いたのは確かだ。本には「(TPP)交渉の成否は農林水産関係の譲歩にかかっていた」などと、書かれているのだから農家は救われない。

以上引用
nikkan-gendai.com/articles/view/news/179164/2


もう無茶苦茶

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック