人工芝運動のシールズが8月15日の終戦記念日に解散したそうですが2016/08/17 20:30

人工芝運動のシールズが8月15日の終戦記念日に解散したそうだ。

人工芝運動というのは、NED全米民主主義基金とか、USAIDアメリカ合衆国国際開発庁が援助している『草の根運動を潰すための米国製革命風運動』のことです。


シールズ『SEALDS』は、『ネイビーシールズ=NAVY SEALS=アメリカ海軍特殊部隊』と瓜二つ

SASPLっていうのもありましたが、こちらも、『特殊空挺部隊(とくしゅくうていぶたい)、略称SAS (Special Air Service) は、イギリス陸軍の特殊部隊である。』そっくりです。


SADLSっていうのもあって、こちらは、サドルバック教会。つまり、オバマ大統領のアメリカ合衆国大統領就任式で開会の祈祷を務めたリック・ウォレン牧師の所属教会の名前が付いてますね。


サドルバック教会=南部バプテスト連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/13 13:35 UTC 版)
南部バプテスト連盟(Southern Baptist Convention)は、アメリカ合衆国南部のバプテスト派の最大勢力。本部をテネシー州ナッシュビルに置く。南部バプテスト派は南部を起源とするバプテストの一派であり、米国プロテスタント系キリスト教の最大教派である。米国内の信徒数は約1,600万人で、カトリックの約6,800万人に次ぐ(2006現在)。聖書無誤説(聖書原典の内容は、あらゆる面で完全に正しいとする立場)を取る信者も多く、他の教会や信徒団体にくらべ神学的・政治的に保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強いとされる。

主な人物
ビリー・グラハム(国際的な福音主義宣教師、テレビ伝道師)
ジェリー・ファルエル(テレビ伝道師、生前は共和党を支援し、政治的に強い影響力を持っていた)
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(牧師、アフリカ系アメリカ人公民権運動指導者)
ジミー・カーター(アメリカ合衆国第39代大統領)
ビル・クリントン(アメリカ合衆国第42代大統領)
マイク・ハッカビー(アメリカ合衆国の政治家、聖職者)
テッド・クルーズ(アメリカ合衆国の政治家、テキサス州選出の共和党上院議員)
リック・ウォレン(バプテスト派サドルバック教会牧師、2009年1月20日、バラク・オバマのアメリカ合衆国大統領就任式で開会の祈祷を務めた。)
アルバート・モーラー・ジュニア [南部バプテスト神科大学院大学学長 (米国ケンタッキ-州ルイビル市)]
C・K・ドージャー(西南学院創立者、宣教師)
wiki



黒人差別と闘ったマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師なんかも居ますが、毎度おなじみのビリーグラハム牧師も居るわけですね。
ブッシュ大統領を改心させてイラク爆撃させた牧師ですよね。

アメリカの歴代の戦争を全て肯定して神の祝福を与えた人です。
「大量破壊兵器を用いてイスラム教を殲滅せよ」と言ってた人です。
もちろん、911は、侵略戦争のための自作自演であり、イスラムの犯行ではありません。


南部バプテスト連盟っていうと、憲法改正して自衛隊を軍隊にしろと言って安倍内閣を実質的に動かしている第三次アーミテージレポートを作ったヘリテージ財団作ったパット・ロバートソンもそうですよね。


シールズは、反戦・平和活動らしいので、反戦・平和を目指すのなら、まず、南部バプテスト連盟の歴史と、アメリカのキリスト教が、何をしてきたのか?の歴史と向き合うことが大切だと筆者は考えています。


以下は、元南部バプテスト連盟の牧師さんが書いた告発書から抜粋して引用します。


本稿は、E・ルーサー・コープランド著『アメリカ南部バプテスト連盟と歴史の審判―ひとつの根源的な罪の痕跡―』(新教出版社、八田正光訳)の要約および書評を試みたものである

・南部バプテスト連盟は1845年組織された。その前年、合衆国における最初の国家的組織である「三年毎の定期総会」の実務会議(外国伝道会議)が、奴隷所有者の宣教師採用出願を禁止する決定を下したとき、南部バプテスト者はこれに抗議して分離したのだ。

・南部バプテスト連盟は、アングロサクソン人種の独断的優越感にもとづき、アメリカ人が世界救済のための独自な資格を与えられているという神話に同意し、是認した。この民族的優越感を確認できるのは、南部バプテスト連盟の外国伝道局(FMB)によるアフリカおよび中国における宣教である。そこにはアフリカ人、中国人に対する偏見がある。
 第1次世界大戦は、南部バプテスト連盟にとって、ヨーロッパ白人を獲得する好機となった。局長J・F・ラブが考えたのは、自民族主義的優越感を、同胞とするヨーロッパ白人の民族的優越感とを結びつけることであった。後任のチャルス・E・マドリィもまた、ラブの考えを踏襲した。この人種差別主義者の考えは、ラブほど極端ではなかったが、それでもアングロサクソン人をかなり過大評価したものである。

・1951年南部バプテスト連盟が採択した決議書には、アングロサクソンの使命を謳った「明白な天命」(フロンティア精神の根幹をなす思想)が反響している。以来、南部バプテスト連盟の拡張は加速。そのやり方は南部バプテストの人々を移住させるというものだが、それを背後で国内伝道局が後援していた。かつてアメリカ・バプテストによる南部への「侵略」に反対した南部バプテスト連盟だったが、自分たちの北部へ「侵略」を容認しているのが目立つ。


中略

私が本書を採り上げたのは、2001年のアメリカ同時多発テロ(9・11テロ)以降「戦時大統領」となったブッシュの強力な支持母体の一つが南部バプテスト連盟だったからである。


「1979年の原理主義者による南部バプテスト連盟占拠は、勝利者によって『保守主義の再起』として言及されているが、その結果、通常『リベラル穏健な人たち』と呼ばれている数千の疎外された南部バプテスト者を見捨てている。」(p.15)


以上引用
geocities.jp/nao24jpjp/nanbapu.htm


そもそも論なんですよね。

911から世界征服を始めた支持母体が、南部バプテスト連盟という話なわけで

そして、「奴隷解放に反対して分離した」と書かれてますけど。


「南部バプテスト連盟は、アングロサクソン人種の独断的優越感にもとづき、アメリカ人が世界救済のための独自な資格を与えられているという神話に同意し、是認」
と書かれてますよね。

マーティン・ルーサー・キングみたいな人も居るので、リベラルと思われがちですけど、これ、元々は、ベトナム戦争に黒人を従軍させるために公民権運動仕掛けてたようです。

公民権与えるから戦争に行けという理論。

で、マーティン・ルーサー・キング氏が、反戦になったので暗殺されたということらしい。


歴史上、アメリカという国は、突出して異常な国だといえます。
その歴史において93%戦争しているのです。
こんな国は、他には無いでしょう。


民主主義を掲げながら、不正選挙をして「お前らが選んだのが悪い」と言って、勝手な法律を作り、なおかつ不正選挙による偽民主主義を押し付けるために、テロリストや反政府勢力を育て、それを理由に他国を爆撃し、侵略してるわけですから、こういう国をなんとかしない限り、世界に平和は訪れないでしょう。というのが、最近の世界情勢を理解してきた人々の共通理解だと思います。

それを理解した人々には、アメリカに占領されたり爆撃されたりした国々の人々だけではなく、一般のアメリカ人も含まれます。
私達植民地の人間も含まれます。

よく考えていただきたいものです。


関連

公文書で明らかになった第二次世界大戦の対日戦争における『プロジェクトシール PROJECT SEAL』という津波爆弾を用いた作戦
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/07/05/7701149


SEALDs代表の奥田愛基は、なぜTPP推進の広告塔であるNIKEのキャップをかぶっているのか??
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/07/22/7714123


東京大空襲(東京ホロコースト)の日に考えるアメリカの歴史 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2016/03/10/8044852

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック