ホルムアルデヒド検出と水道事業の乗っ取り計画2012/05/22 22:14


ホルムアルデヒド検出で千葉県の水道水が止まった件ですが、スロウ忍さんちでやっているように、やはり水道事業の乗っ取り計画が行われていると思います。


詳しくは
ホルムアルデヒド検出問題の先に仄見える“水道事業民営化”と言う名の“多国籍企業への利益供与”。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/05/blog-post_20.html


で、橋下維新の会っていうのが、おそらくその連中の最大の手羽先なのは間違いないですね。



早くも橋下徹と大阪維新の会の素性がバレるhttp://ccplus.exblog.jp/17218805/

やっぱり、そうか。橋下徹と大阪維新の会 TPP参加を公約に
http://ccplus.exblog.jp/17356756/も参考に



管理人の亡くなった祖父は、元東京都水道局に勤めておりました。
この件に関しては、何が何でも私達の水道を守る所存であります。

私達の生活にとって最も大切なもの。それが水です。

まず、これを前提として


以下のような説があります。
はなゆーさんちでやってる説です。


以下引用



ホルモアルデヒドが発生した原因は矢木沢ダム(ホットスポット)放流か? (はなゆー 5/21)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/855.html


国土交通省

ダム放流通知文

矢木沢ダム 利根川 利根川 第1号 2012/05/18 12:30

水資源機構 沼田総合管理所発表


洪水警戒体制の通知

矢木沢ダムでは、18日12時30分に洪水警戒体制に入りました。

今後、ダムへの流入量が増加するとダムからの放流を含めて急激に下流河川の水位が上昇することがあります。

放流を行う場合には、概ね1時間前に事前通知します。

今後の降雨状況やダム情報に注意してください。


1 洪水警戒体制に入った理由

 融雪により洪水が予想されるため。


217 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)[]
投稿日:2012/05/21(月) 00:28:08.98 ID:4iPKyj2E0 [2/2]

大隈 重信
@hanayuu ホルムアルデヒドとセシウムで検索したら妙なのが出てきてしまったよw この論文 

Cesium Removal from Hanford Tank Waste Solution Using Resorcinol‐Formaldehyde Resin
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1081/SEI-200056519?journalCode=lsei20

ハンフォード廃棄物処理場?のリソチノルホルムアルデヒドリジン?を使ったセシウム除去。。。



322 名前:地震雷火事名無し(東京都)[]
投稿日:2012/05/21(月) 00:55:40.24 ID:yqOkcn9q0 [6/12]

よるもふけてきたところで、
ホルム騒動を、もう一度考えてみよう。


ホルムアルデヒ 34万世帯が一時断水【東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012052002000129.html

(キャッシュ)
http://www.webcitation.org/67o3W3Shq

検出された浄水場は一つではない、なんと6カ所もあった。
タイミング的にもそろっている。

しかし、利根川の上流に、それらしい汚染源は存在しないし、
川の水質異常も発見されなかった。

同じ水源でも、オゾン浄水を持つ施設は問題なく稼働、
微生物を利用した浄化施設のところだけ。

ホルムアルデヒドは、塩素消毒の複製生物。
塩素に頼れば、当然増える。

これらの事実から、君たちの推論は?



343 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:00:02.63 ID:QS2pCKv00 [2/10]

つまり、塩素を大量に使う必要が浄水場にあったということか?
セシウム除去するために無理し、その結果ホルモが発生ということか?

たしかに、利根川にホルモアルデヒドが放出されたのではなく、利根川を汚染しているセシウムを除去するための化学処理の段階で、ホルモが浄水場で生成されたと考えるべきかも。

すると、政府や行政は汚染源とっくに知ってることになるね。浄水場だよ。

そしてその原因は、まぎれもなく
怪しいセシウムさん
だお


440 名前:地震雷火事名無し(庭)[sage]
投稿日:2012/05/21(月) 01:26:03.73 ID:FWQ4edT/0 [2/3]

利根川水系ダム底質モニタリング結果
奥利根湖 750bq/kg(乾泥)
赤谷湖 1690bq/kg(乾泥)
藤原湖 4600bq/kg(乾泥)

群馬県内の公共用水域における放射性物質モニタリングの測定結果について
(注:PDF)
http://www.env.go.jp/jishin/monitoring/result_pw120113.pdf


462 名前:地震雷火事名無し(家)[sage]
投稿日:2012/05/21(月) 01:34:07.81 ID:ji52RpR00 [3/3]
やっぱ、上の方で指摘されてた、例年5〜7月くらいにしか試験放流しない、矢木沢ダムに溜まった雪解け水に原因があるんだろうな
かなり高濃度に汚染蓄積されてたか…



512 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:48:06.36 ID:QS2pCKv00 [10/17]

チェルノブイリであったストロンチウムによる水道汚染パニック

「プリピャチ川の岸には、ストロンチウムの脅威的な汚染場所があります。恐ろしいのは、ストロンチウムが水に溶けることです。春に増水があり、水位が上がった時のことを、皆恐れてます。キエフではときどき大きなパニックが起こります」(広河隆一 『暴走する原発』、145頁)



536 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:53:47.03 ID:QS2pCKv00 [11/15]

チェルノブイリにおける水道水汚染パニック

「夜中に知り合いから電話がかかってきて、汚染された水がキエフに向かってくるぞ、というのです。町全部が眠れない夜を過ごしました。人々は水を貯えました。プリピャチ川の川岸には、猛烈なストロンチウムの汚染場所があります。水位があがって、川岸のストロンチウムを貯水湖に流し込み、そして水道水を汚染するのではないかと、人々は考えたのです」(広河隆一、『暴走する原発』、144頁)



436 名前:地震雷火事名無し(北海道)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:24:55.31 ID:nDYmfsP40 [6/13]

11. 地下水中でセシウム137とストロンチウム90の濃度(density)が上昇し、土壌汚染の濃度および地層中の通気帯の汚染濃度とのあいだに相関が見られた。

ストロンチウム90の最高値(最大で1リットルあたり2.7ベクレル)は重度汚染地域を流れる複数の河川で観測された。

土壌汚染が1平方キロメートルあたり148万ベクレルを超える地域にあるプリピャチ川の氾濫原において、地下水の汚染がセシウム137では1リットルあたり3.0ベクレル、ストロンチウム90では1リットルあたり0.7ベクレルに達した(Konoplia and Rolevich, 1996)。

12. 春季の洪水の際に水底の堆積物に蓄積していたセシウム137が浮き上がり、水中の放射能の量を著しく増加させた。最大でストロンチウム90の99%が溶解した状態で移動した(Konoplia and Role-vich, 1996)。

13. ストロンチウム90は可溶性が高いために、セシウム137よりもずっと早く川の生態系から流出する。
その一方、セシウム137は浸水した土壌に繁茂した草の茎葉や根の中に、最大で1キログラムあたり3,441ベクレルまで蓄積する可能性がある(Borysevich and Poplyko, 2002)。

14. 水中のセシウム137とストロンチウム90の量は時が経つにつれて減少するが、水生植物や堆積物中の量は増加する(Konoplia and Rolevich, 1996)。

15. 湖の堆積物中では、1年のサイクルで植物が枯れ、かつ水はけが悪いため、放射性核種の濃縮がいっそう進む。大惨事後5年から9年で、水生植物の多い水域では水中のセシウム137とストロンチウム90が減少したが、同時に堆積物中の放射能の量は上昇した(Konoplia and Relevich, 1996)。

16. ヴェトカ地区のスヴャツコエ湖(ベラルーシ)における水中の放射性核種は総量で1リットルあたり8.7ベクレルであるが、水性植物では1キログラムあたり最大で3,700ベクレル、魚では1キログラムあたり3万9,000ベクレルにも達していた(Konoplia and Rolevich, 1996)。



537 名前:地震雷火事名無し(東京都)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:54:19.23 ID:yqOkcn9q0 [13/17]

ダムの放水は、川の汚れを洗い流すため、という憶測があったが、
逆みたいだね。

雨対策にダムが放水をしたから、下流の水道で放射能騒ぎが起きてしまった。

いわれてみれば、あ り が ち。


410 名前:地震雷火事名無し(北海道)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:17:16.89 ID:nDYmfsP40 [4/13]
マジっすか RT
@TakaoMorimoto >化学の世界ではベータ線を発する放射性物質 が塩素が結合すると、ホルムアルデヒドと クロロホルムが発生するのは常識とのこと。 断水の「解除」によって間違いなく、多くの方が内部被爆する筈です。恐ろしいことです。


439 名前:地震雷火事名無し(大分県)[sage]
投稿日:2012/05/21(月) 01:26:04.01 ID:4Fmh0xeT0 [6/9]

クロロホルム、正式名称トリクロロメタンCHCl3

CH4 + Cl2 → CH3Cl + HCl
CH3Cl + Cl2 → CH2Cl2 + HCl
CH2Cl2 + Cl2 → CHCl3 + HCl
CHCl3 + Cl2 → CCl4 + HCl

こういうことか。メタンはどこからかは言わずもがなと言うやつか。


472 名前:地震雷火事名無し(東京都)[sage]
投稿日:2012/05/21(月) 01:37:19.19 ID:NQ7k8oYO0 [9/13]
>>410
しかしその理屈だと
塩化セシウムがホルムアルデヒトになるというありえん反応になるのだがw


477 名前:地震雷火事名無し(北海道)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:38:19.75 ID:nDYmfsP40 [10/13]
>>472
結合じゃなくてβ線が当たって変質するって感じじゃないの?


460 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:33:21.97 ID:QS2pCKv00 [9/15]

>>化学の世界ではベータ線を発する放射性物質 が塩素が結合すると、ホルムアルデヒドと クロロホルムが発生するのは常識とのこと。

ベーター線か

たしか、ストロンチウム90はベーター線
セシウム134と137は、ベーターとγ線だよね

汚染源は、セシウムよりも、むしろストロンチウムかもね



486 名前:地震雷火事名無し(東京都)[]
投稿日:2012/05/21(月) 01:40:01.99 ID:yqOkcn9q0 [11/17]

いちおう放射性セシウムについてはディリーで検査しているので
水道に混ざればそれなりのニュースになるはず。

今回は、さすがにそれはないもよう。

自分は、たぶん、大量に流れ込んだ放射性物質の関係で
微生物が不安定になって、それを消すための大量塩素使用じゃないか、と察してはいる。

ただ、セシウムではなく、プルトニュウムかストロンチウムで汚染されている可能性がある
ということも、現段階では否定できる要因は何もない。


573 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[]
投稿日:2012/05/21(月) 02:07:43.12 ID:QS2pCKv00 [14/17]

今までのまとめ 長くてスマソ

(1)ホルム騒動の原因は、放射性物質

(2)ホルムの汚染源は、利根川ではなく浄水場(6つの浄水場)

(3)汚染の原因は、セシウム、ストロンチウム(プルトニウム?)

(4)塩素はβー崩壊を受けると、ホルムアルデヒドを生成する

(5)よって、ホルム騒動の根源は、フクイチ由来の放射性物質

(6)行政や水道局は、これらを当然知っているが隠蔽

(7)利根川の上流に汚染源があるとウソをいい、目下調査中とシラを切る

(8)御用マスメディアがウソ情報拡散に協力

(8)現在、断水を解除。しかし、大量の水で薄めているだけで、解決になっていない

(9)チェルノブイリでも同じことが起きていた

(10)阿武隈水系で同じことが起きているかは、不明

以上引用終わり

http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/855.html


大変興味深いのだが

そもそもなぜ5月18日に八木沢ダムの水が大量に放出されたのか??
それは、5月18日に雷雨があったからだ。

上越の大量の雪解け水に加えて、ここ最近の雷雨が影響しているはずだ。


5月18日には何の作戦があった??

米韓合同演習『マックスサンダー』=5月7日〜5月18日
http://ccplus.exblog.jp/17945755/


その後、5月19日・20日には、アメリカのキャンプデービッドでG8の首脳会談

水道水が停まったのは、首相のお膝元の千葉県

偶然では無いでしょうね。


そもそも消費者庁が入っているビルは外資系ですしね。
この時のために作られていたと思いますね。


とにかく、敵は巧妙に情報操作をしてくると思います。

ホルムアルデヒド自体は、ごくごく一般的な物質なので、テロで混入させるのは難しいことでは無いと思います。



気になっているのは、チェルノブイリの被害を調べた団体に笹川医療財団があるということです。


そして、広河隆一氏が誰によって守られていたのか?です。

パレスチナ人の大虐殺を取材した広河隆一氏は、その取材中に誰かによって生かされていたと言ってます。

当ブログは、おそらく、パレスチナ人とイスラエルの対立を煽りたい勢力によって生かされていたのではないかと考えています。


それによって、中東の石油の値段が上がり、武器が売れますから。



同様に、チェルノブイリの事故においても、誰かが広河隆一氏を生かしていたのではないか。


それは、もちろん、ソ連の国営事業を乗っ取って民営化する勢力にです。


放射能の危険性は、もちろん検証しなくてはなりません。


しかし、なんとしても、日本の水道水を守らなくてはなりません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック