TPP参加で関連産業で計11.7兆円減少2013/07/19 23:08

とても重要な記事なので転載します。

以下引用


2013/07/19 【IWJブログ:「TPPは政府が掲げるメリットとは逆行した帰結を生む」農業生産減少は地域産業に平均3.7倍の影響、関連産業で計11.7兆円減少 ~大学教員の会が都道府県別の影響試算】

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/92177


「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」は都道府県別の影響を独自試算。7月5日・17日、2回にわたり参議院議員会館で発表記者会見を行った。


 試算にあたった土井英二氏(静岡大名誉教授)と関耕平氏(島根大准教授)、三好ゆう氏(桜美林大学専任講師)は、「本試算はあくまで政府試算の考え方に基づいた『控えめな』試算結果」と前置きしたうえで、農産品19品目について生産額が2兆5142億円(総生産額の26.1%)、全国の農家の所得が4081億円(総所得の13.9%)減少し、それがもたらす関連産業への影響は計11兆6918億円、全国の所得が1兆7692億円減少とする結果を発表した。


・「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」HP
http://atpp.cocolog-nifty.com



◇被災地では全国平均を上回る減少率

 試算によると、生産減少額の多い上位10県は、
富山県327億円(43.8%)、

福井県212億円(41.2%)、

北海道4642億円(40.3%)、

滋賀県260億円(38.7%)、

秋田県752億円(37.7%)、

宮城県743億円(35.7%)、

石川県217億円(34.4%)、

鹿児島県1488億円(32.2%)、

神奈川県273億円(31.8%)、

兵庫県482億円(29.1%)となり、

「砂糖」品目では北海道、鹿児島県、沖縄県のサトウキビ産業は100%壊滅する。



 続いて、農家の所得減少額の多い上位10県は、
富山県73億円(減少率33.5%)、

沖縄県118億円(28%)、

福井県44億円(24.8%)、

秋田県141億円(23.5%)、

石川県44億円(23.3%)、

宮城県150億円(22.2%)、

滋賀県34億円(20.6%)、

山口県45億円(20.3%)、

新潟県208億円(20.3%)、

北海道658億円(18.4%)となる。

 関准教授は、TPPが東日本大震災の被災地へ及ぼす深刻な影響について言及。
岩手県では生産額が768億円(27.8%)減で所得額が118億円(15.5%)減、

宮城県が生産額743億円(35.7%)減で所得額が151億円(22.3%)減、

福島県が生産額707億円(25.4%)減で所得額が184億円(18.2%)減となり、岩手・宮城両県は、いずれも全国平均の減少率を上回る深刻な影響が推定される。

 試算によると特に、岩手県においては水産物を除いた額であるにもかかわらず全国平均を上回る影響を示している。福島県においても、所得減少額は全国で4番目の高さを示しているという。


以上引用おわり


そういえば、甘利明TPP担当大臣って、柏崎狩羽原発事故、隠蔽して原発継続させた時の経済産業大臣だよね。

そして、共産党が福島第一原発が津波に関して5メートルしか想定していないから危険というのを握りつぶした一人だよね。

当時の安倍首相もだけど。


その人たちがTPP進めてるんだ、なるほどね

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック