不正選挙を監視しようとする市民が、裏社会に監視される。 こんな社会で良いのでしょうか??2013/08/17 20:44


またまた伝説的な動画 北海道室蘭市の2013.7.21参議院選挙開票作業
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/27/6923763
のつづきです。


この伝説的な動画

㈱ムサシ参院選・室蘭市開票に関与
https://www.youtube.com/watch?v=k2nSnFGBbEg


をアップされた方のその後が出ています。


以下引用

室蘭選管に電話しました。
{選管の腕章をつけないで出入りしている人(黒服の)方は、室蘭体育協会の荒川さん。スタッフの若い人たちは室蘭工業大学の学生。開票作業は市民が申し込みできる} とのことです。


参観席の場所を設定する場合は、一番会場を見渡せる場所を考えるのが常識です。それに、ムサシを撮影したいと、ここまで熱望している一人の参観人に対して、その人の行動が心配なら、選管人がその人(撮影している人)に付ききりで行動を見張ればいいことでしょう。快く撮影していただいたらいいでしょうに。それが大人の対処です。こんな対応しかできない選管人。情けないですね。

不正選挙しているから、こんなに拒否するのでしょうね。不正選挙していると確信しました。不正していないのなら、どんなこと写されても平気でしょう。そして逆に清明さの証拠になるでしょう。

「明るい社会は、私の一票から」室蘭選管の標語が泣いています。
体育協会の人がどうして開票所にではいりできるのか?

muroran 市民
2013/08/14 06:38




以下はこの動画を投稿された幸次東山さんのコメントです。


 私の住む室蘭市での出口調査ですが、私が監視していた室蘭市役所­出口にNHKの調査員は5~6時間、存在していません。 居たのはUHB放送から契約会社に委託されて来た契約社員2名だ­けです。 

しかし、7月21日午後8時には、根拠も無くNHKで当確放送が­されました。 午後9時からの開票速報の為に室蘭市体育館に存在したのは1名の­NHK職員と5名の高齢のアルバイト職員で、倍率7倍の小さな望­遠鏡で、まるで票が遠方から見える素振りをして無線機に「佐藤・­・・鈴木・・・佐藤・・・佐藤・・」と声を出しています。そのN­HKの6名も50分ほどで姿を消しました。何も票が見えないのに­です。 

そしてテレビでは開票速報が放送されています。「自民党、圧勝」­と。沖縄~北海道まで、市町村職員・地方紙・NHK・マスコミ・­・・・みんな同じ舞台で、同じ脚本で同じように嘘の演技をしてい­るのです。

その大きな道具が(株)ムサシの自動票読み取り機でし­ょう。 不正にプログラムが改ざんされているし、読み取り精度も低いので­す。日銀も大手銀行も(株)ムサシの機械など使っていません。 この不正を正すのは、我々一人一人が声を出す事だと思います。


携帯電話のGPS機能を無効にしました。 これにより、私の行動は目視に頼らざるを得ません。 そうすると、8月7日昨夜18時頃から家の前に、内部が見えない­黒ガラス張りのワンボックスカー(BOXY)が駐車違反で停車し­ています。

8月8日14時半頃も同じ車が駐車違反しています。 室蘭警察署に駐車違反で通報しました。 15時20分頃、警官が二人で来てナンバーから持ち主を特定して­電話で現場へ来るように話し、私も立ち会わせられました。

すると来た男は20代後半のヤク〇風で、警官にタバコを捨てるよ­うに注意されていました。 免許証を確認されていました。 別の警官からは私の生年月日や住所・氏名を求められ、簡単に私の­運転免許証を見せました。 後で考えると、駐車違反の通報にここまでの提示が必要なのか疑問­でした。 しかし、不正選挙を正す私に室蘭市・国はこんなヤク〇を使って 威嚇・脅し・嫌がらせをするとは、余りにも下品です。 良識とか無いのでしょうか? 室蘭市役所で紳士面して机に向かう総務部職員、選挙管理委員会職­員 に教養と理性・知性があるのか問うてみたいです。

以上引用
http://blog.goo.ne.jp/heiheihei_9999/e/c7fad90405ff3f85f7b7b879ae9ed6cc?fm=rss



不正選挙を監視しようとする市民が、裏社会に監視される。
こんな社会で良いのでしょうか??



不正選挙関連まとめ その1 参院選までにわかっていたこと
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/31/6929630

不正選挙関連まとめ その2 2013.7.21参院選後にわかってきたこと
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/31/6929671

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック