韓国フェリー転覆事故で助けに来たボノム・リシャールってどんな船??2014/04/19 21:39

韓国の船沈没の件ですが、米韓合同演習フォールイーグル(まだ飛べない若い鷲)は、4月18日まで
で、4月16日に沈没ですか、そうですか。



米韓合同演習フォールイーグル中の転覆といえば。。

韓国軍艦「天安」沈没の深層
2010年5月7日   田中 宇
http://www.tanakanews.com/100507korea.htm

こんなのもありました。



今回のフェリーは、仁川から済州島行きですか


修学旅行生ばかりが話題になっていますが、修学旅行生以外の107名が気になります。




さて、当ブログでは、ちょっと違う視点から、この事件を見てきたいと思います。

以下はウォールストリートジャーナルから


引用


船会社によると、この船の船長(69)は救助されている。フェリーの経験は20年以上あり、仁川・済州島間を8年にわたり運航している。 

 また、この捜索には長崎県・佐世保基地を拠点にし、黄海をパトロールしていた米軍の強襲揚陸艦ボノム・リシャールも加わっている。


ボノム・リシャール(USS Bonhomme Richard, LHD-6)は、アメリカ海軍の強襲揚陸艦。ワスプ級強襲揚陸艦の6番艦。艦名はジョン・ポール・ジョーンズの座乗した有名なフリゲート(フランス語で「善良なるリチャード、英: Goodman Richard」の意。ベンジャミン・フランクリンの著書『貧しきリチャードの暦』から。)に因む。その名を持つ艦としては三隻目。


以上引用



えー、米韓合同演習中の船が偶然その海域に居て、捜索に参加してますね。



どんな船??


艦歴
ボノム・リシャールはミシシッピ州パスカグーラのリットン・インガルス造船所で1995年4月18日に起工し、1997年3月14日に進水、1998年5月12日に海軍に移管され、1998年8月15日に就役した。
ボノム・リシャールは8月8日にパスカグーラを出港し、8月15日にペンサコラに到着する。ペンシルベニア州選出下院議員ジョン・P・ムーサが就役式で演説を行い、海軍長官ジョン・H・ドルトンが就役を命じた。
ムーサ議員の妻ジョイス・ムーサが1997年5月に命名を行い、ムーサ夫人は艦に対して歴史的な命令「Man our ship and bring her to life!」を下した。
就役式にはこのほかミシシッピ州選出下院議員ジーン・テイラー、海軍作戦副部長ドナルド・L・ピリング提督、海軍教育訓練部長パトリシア・A・トレーシー中将、リットン・インガルス造船副社長が出席した。
2011年8月19日、2012年春に佐世保配備の同型2番艦エセックス (USS Essex, LHD-2)とのシップ・スワップを行うことが発表された[1]。
2012年4月23日より、エセックスに代わり佐世保に配備された。

wikipedia



強襲揚陸艦(きょうしゅうようりくかん、Amphibious assault ship)とは、揚陸艦のうち、輸送ヘリコプター及びエア・クッション型揚陸艇を始めとした各種上陸用舟艇を搭載・運用する能力を持つ艦のことである。特徴としては、大規模なヘリコプター運用能力と全通飛行甲板が挙げられる。また大半は垂直離着陸機(STOVL機)を搭載・運用することによる揚陸支援攻撃能力をも持つ。
広義にはヘリコプターのみを搭載運用し、揚陸能力をヘリコプターのみに依存しているヘリコプター揚陸艦も強襲揚陸艦と呼び、狭義には船体内にウェルドックを持ち、上陸用舟艇の搭載・発進機能とヘリコプターによる空輸上陸機能を併せ持つ軍艦のことを指す。


wikipedia


まあ、なんというか、こういう事故に便利そうな船ですね。

この船は3代目らしいです。



ボノム・リシャール(Bonhomme Richard または Bon Homme Richard)は、アメリカ海軍で引き継がれている伝統の艦名。日本では、「ボンノム・リチャード」と読まれたことがあったが、最初の艦がフランスから贈られたものであるため、より原音に近いフランス語読みの「ボノム・リシャール」と読まれることが多くなっている。
最初のボノム・リシャールは、フランスがフランス東インド会社向けのフリゲート Duc de Duraeをルイ16世がジョン・ポール・ジョーンズに対して1779年に与えたもの。命名時はすでに老朽化した帆船であった。艦名の由来は、「善人のリチャード」というものであり、当時駐仏大使であったベンジャミン・フランクリンが "Poor Richard" または "Richard Saunders" のペンネームで発刊していた格言付き暦「Poor Richard's Almanac」に因んでいる。1779年9月25日に北海で戦闘時の損傷により沈没した。ただし、この時の海戦は、アメリカ独立史に残るものとして記録されている。
2番目のボノム・リシャール (CV-31)は、エセックス級航空母艦。
3番目のボノム・リシャール (LHD-6)は、ワスプ級強襲揚陸艦。


フランス東インド会社向けのフリゲート
アメリカ独立史に残る
へえ




ボノム・リシャール (USS Bon Homme Richard, CV/CVA-31) は、アメリカ海軍の航空母艦。エセックス級航空母艦の10番艦。艦名はジョン・ポール・ジョーンズの乗艦した有名なフリゲート(フランス語で「善良なリチャード Goodman Richard」の意。ベンジャミン・フランクリンが "Poor Richard" の別名で出版した著書『貧しきリチャードの暦』から。)に因む。その名を持つ艦としては二隻目。ボニー・ディックの愛称を持つ。

艦歴
第二次世界大戦
ボノム・リシャールはニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍造船所で建造された。1944年11月に就役し、1945年3月には太平洋戦線に参加、6月には日本への最終攻撃に参加した。8月の終戦から9月まで作戦参加しその後帰国、1946年には復員兵輸送(マジックカーペット作戦)に参加するが、その後シアトルで予備役となる。


朝鮮戦争
1950年6月に朝鮮戦争が始まると、ボノム・リシャールは現役復帰する。1951年1月に再就役、5月には西太平洋に配備され同年末まで朝鮮半島の目標に対し艦載機による攻撃を行う。その後CVA-31と艦種変更され1952年5月から12月まで作戦参加する。

改修
1953年5月には就役が解かれ、ジェット機を運用できるようにするための改修が行われた。ボノム・リシャールは飛行甲板を延長、アングルド・デッキ化され、開放艦首はエンクローズ化した「ハリケーン・バウ」となり、蒸気カタパルト、新型艦橋、船体のワイド化など多くの改修が行われた。
1955年9月に再就役し、第七艦隊に配備される。西太平洋での航海は1957年、1958年 - 1959年、1959年 - 1960年、1961年、1962年 - 1963年および1964年に行われた。最後の航海はインド洋であった。トンキン湾事件時にはジョージ・スティーヴン・モリソン提督(ドアーズのリード・シンガー、ジム・モリソンの父親。)が艦を指揮した。

ベトナム戦争
1965年前半にベトナム戦争が段階的に拡大すると、ボノム・リシャールは三度目の戦闘参加を行うこととなる。艦は続く6年に渡って東南アジアでの5度の戦闘参加を経験する。ボノム・リシャールの艦載機は北ベトナム軍のミグ戦闘機と交戦し、地上輸送部隊や建造物への攻撃を行った。

退役
ボノム・リシャールは1970年に任務を解かれ、1971年7月に退役する。ワシントン州ブレマートンで予備艦隊入りしモスボール化が行われ、20年後の1992年3月にスクラップとして売却された。


wikipedia


なんというか、最悪の船だな、これ
極東戦争のための船みたいなものか。。




ところで、311は、米韓合同演習フォールイーグル(まだ飛べない若い鷲)が3月10日まで
その前日の3月9日に、米国の深海掘削船『ジョイデスリソリューション号』が深海掘削した海域で起きた地震をきっかけに、米韓合同演習フォールイーグル(まだ飛べない若い鷲)の翌日に発生

3月13日には、偶然その海域に居た(米韓合同演習フォールイーグルには参加していない=1月10日にサンディエゴ港を出航)空母ロナルドレーガンが原子力の専門家数十名を引き連れて『トモダチ作戦』のためにやってきたわけですが


ロナルドレーガンといえば、不正選挙ムサシによって出来たレーガン中曽根政権による国鉄民営化。そして電電公社民営化による、日本への盗聴網の整備が進み、プラザ合意から国際金融マフィアの草狩り場になっていった日本を作り上げ、荒唐無稽なスターウォーズ計画(現在の気象操作や神の杖に繋がる)を進め、チェルノブイリ事故(テロ)によってソ連を解体してオリガルヒ達がソ連の国有財産を私物化するのを援助した人物ですね。


自民党総裁選から考える、ムサシと不正選挙疑惑
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/01/14/6691164



助けに来た船の名前って、事の真相を明らかにしているような気がしませんか??
というお話でした。

コメント

_ zion ― 2014/04/20 07:26

sacrificeだったのでしょうか・・・。
彼らはバカラ数字にもこだわり、生贄の儀式にもこだわり、というか執着があるように思えます。
植民地でやりたい放題ですね。天安事件の後に、少し時間を開けて311があっただけに何だか気味が悪いです。

たまたまパトロール中だったリシャールねえ・・・。事件の全容が見えてくる気がします。

毎回タメになります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック