日本社会は本当に『嫌中』『親米』なのか?内閣府調査への疑問2016/03/27 22:32

レコードチャイナを読んでいたら、こんな記事が出ていました。

以下抜粋引用

日本社会は本当に“嫌中”なのか、内閣府の調査結果に対する疑問―中国メディア
配信日時:2016年3月24日(木) 8時50分

先日、日本の内閣府が発表した調査結果によると、中国に「親しみを感じない」「どちらかというと親しみを感じない」との回答が合わせて83.2%となり、昨年を0.1ポイント上回って過去最高を記録した。

中略

記事は、「中国に対するマイナスイメージが本当に83.2%というような驚くべき数字なのかということについて、日本人一人ひとりに詳しく調査することはできないが、いくつかの事実がある」としている。そこでは、「2015年に約500万人の中国人観光客が日本を訪れているが、彼らが日本で嫌中感情を感じたという話は出てきていないこと」「現在、日本では60万人の中国人が生活しているが、日本社会の嫌中感情が原因で起きる事件を聞いたことがないこと」「反中デモの参加者は典型的な嫌中、嫌韓であるが、彼らのような右翼団体は日本社会の中で主流派ではないこと」などを挙げている。

記事は最後に、「日本の政治の中で、民意は一部の勢力の道具に利用される」と調査の正確性に疑問を呈しつつ、「日本社会には明らかな嫌中感情はないと思われる。一部に中国に対するマイナスの感情はあるものの、これは日常的な人間関係とは別次元のものだ。もちろん、心の中が嫌中かどうかについてはいろいろな見方はあるだろうし、わかり得ないことも、変化することもあるだろう。だが、ニュースを読み解く際には、物事の全体を見た上で、その裏にある可能性を考えなければならない」とまとめている。

以上引用
recordchina.co.jp/a131727.html


今回のは、あくまでも、内閣府の調査ですからね。内閣府というのは、アベシンゾーとその仲間たちのこと。
口からでまかせばかり言ってる嘘つき集団。
アメリカの51番目の州になりたいと本気で思ってるような奴らが居る集団。(日本は、あくまでも属国で奴隷でありATMに過ぎないので、51番目の州にはなれません)


ただ、中国のことを、漠然と脅威に思うというのは、分かるのです。
でかいし、人口多いし、資産もある。

なんとなく、自分たちが圧倒されるんじゃないか、みたいな感覚は持ってても不思議じゃないです。
でも、日本は島国なので、そういう脅威からは、なんとなく離れている安心感みたいなものもある。(これが、朝鮮半島だと、随分違うのだろうけど)

でも、中国嫌いだから、中華料理屋行かないという人が、はたしてどれだけ居るのか??
ほとんど居ませんよね。
中華料理屋行くのは、親しみを感じているから行くのだと思いますよ。


こんなアンケート結果もあるわけです。

今回の調査でも今後の日中関係の発展を73.3%が「重要だと思う」と回答。「思わない」の22.5%を大きく上回った
recordchina.co.jp/a130491.html

筆者も、今後の日中関係の発展を重要だと思います。
貿易額は一番大きいわけですし、歴史的に関係が深いわけですし、観光客も一番多いわけですし、当たり前ですよね。


筆者の実際の感覚では、少なくとも、中国嫌いな人よりアベシンゾー嫌いな人の方が遥かに多いです。

「アベシンゾーが出てるからテレビ消す」っていう人、すごく多いはず。
アベシンゾーが出てると腹立つからテレビ消す。そうすると、国民が国会中継を見ない。だから真偽内容がバレない。そのために、不正選挙でアベシンゾーが首相になったんじゃないかと思うくらい。

安倍政権の支持率が50%とか、あるわけ無いのは、誰でも分かること。
実際は、8%とか、それ以下だろう。



日本人は、中国に親しみを感じているか??

感じている部分もあるし、感じていない部分もあるでしょう。
でも、よく考えると、深い部分でめちゃめちゃ結びついているということに気付くという感じか。



では、内閣府のアンケートで、最も親しみのある国とされた米国はどうか?

(1) 日本とアメリカ
 ア アメリカに対する親近感
 アメリカに親しみを感じるか聞いたところ,「親しみを感じる」とする者の割合が82.6%(「親しみを感じる」42.0%+「どちらかというと親しみを感じる」40.5%),「親しみを感じない」とする者の割合が15.3%(「どちらかというと親しみを感じない」9.4%+「親しみを感じない」5.9%)となっている。

以上引用
survey.gov-online.go.jp/h26/h26-gaiko/2-1.html

以上は、あくまでも、不正選挙で誕生した内閣府の調査です。


以下は、筆者が、実際に米国に暮らしていた日本人に聞いた話。


大学時代、米国のド田舎に留学していた知り合いが、こう言ってました。(米国に留学するくらいだから、ド親米な人だと思います)

「本当に何も無い田舎の大学で、一週間に一度、車で1時間かかる隣町に行って中華料理を食べるのが、唯一の楽しみだった。」
「まじで、街中にハンバーガーとホットドッグとポテトくらいしか食べるものが無いんですよ。信じられない」
「日本料理屋がある町まで行くのに6時間くらいかかるので、日本食は、半年に一度とかの楽しみでした。普段は、中華料理が唯一の心のオアシス。回りの日本人留学生、みんなそうでした。仲間と連れ立って週末に隣町で中華料理を食べに行く。」

これって、実感のこもった切実な意見です。

筆者も、海外行く時は、必ず中華料理食べますね。ほとんど例外なく。
海外の日本料理は、当たり外れが激しく、とんでもないものが出てくることがあるが、中華料理は、ほぼ安心出来る。
海外で中華料理食べて安心した、という人は、とても多いでしょう。
海外経験ある人だったら、激しく賛同していただけると思います。



それから、筆者の親類で、仕事の都合でアメリカの郊外に一時暮らしていた人が居るのですが、曰く「家が大き過ぎて落ち着かないから、隅っこを小屋っぽくして寝ていた。」「家の前に止めてあった車のタイヤが、朝になったら全部盗まれているとかあり得ない。」
「物干に干してあったスウェットが盗まれたのだけど、明らかに同じものを着て堂々と歩いている人が居る。信じられない」
だそうです。


アンケートで出てくる『親しみ』って、ほとんどは、作られたもの。イメージを操作されたものですよね。

筆者も、大学くらいまでは、アメリカに憧れすら抱いてました。アメリカ文化に憧れていました。(アメリカに実際に行ってみるまでは。。)

英米文学も読んでましたし、米英ロックも好きでしたし。

でも、行ってみたら、なんというか、著しく魅力の無いところだなという気がしたわけです。

まあ、行ったのが西海岸ということもあったと思いますけどね。

なんというか、生活が地についていないというか、虚構の上になりたっているというか、この方向性の先には、ろくな未来は無いだろうなという感じを受けました。

もし、筆者がアメリカに行ったことが無かったら、憧れ続けていたかもしれませんし、親しみを持ち続けていたかもしれません。


カナダに行ったこともあるのですが、バンクーバーとかバンフとかジャスパーとかの街も、なんというか、軽い感じ、薄っぺらい感じがしました。
なんというか、ショッピングモールみたいな街なのです。
歴史の重層性を感じないというか。

そういう点が、欧州の町並みとは、全く違うのです。

そりゃ、そうなんですけどね。出来てから、そんなに経っていない。

そして、山岳リゾート地にも関わらず、ファストフード屋があって、朝から巨大な(体重150キロを超えていそうな)カップルが、ポテトと巨大なジュース(Lサイズで2リットルくらい)を飲んでいるのを見た時に、なんとも言いようのない感じを受けました。


一方で、バンクーバー島には感銘を受けました。
それは、そこの自然が持っている圧倒的なパワーみたいなものが、ちゃんと残っていて、歴史に深みを感じたのです。

現在の知識で考えると、アメリカ移民達がカナダの西海岸の先にあるバンクーバー島までたどり着くのが遅れたために、漁労系先住民の文化が色濃く残っていたからなのですね。
食べ物も美味しかったですし。

日本人でバンクーバー島に親しみを持っている人は、ほとんど居ないと思いますが、行ったら、親しみというか、親しみと畏怖が混じったものを感じる人は、かなり多いのではないかと思います。


このように、親しみというのは、行ってみるのと、テレビで見たりイメージするのとは、大違いなわけです。


筆者が、憧れていたにも関わらず、親しみを感じることが出来なかったのが、イギリスというか、ロンドンです。
なんなのか理由は釈然としませんが、なんとなく、ここは苦手だなという、そういう感じでした。(歴史を勉強し直すとよく分かってくるわけですが)

物価が高い上に食べ物が不味いというのが、一番苦手な部分だったりするわけですが。。

ランチにベイクドポテトというのがあって、頼んでみたら、皿に1キロはあるんじゃないかという巨大なジャガイモが一個と、申し訳程度のサラダが添えてありました。

食べながら、ここで生きていくのは、無いなと思いました。

イギリスで一番美味しかったというか、唯一美味しかった料理は、インド料理屋のカレーです。


イギリスには馴染めなかった筆者ですが、海をへだててアイルランドへ渡ると、なぜかホッとしました。
着いた瞬間から島国独特の緩い空気が満ちているのです。大陸と全然違いました。

食べ物も、なぜかイギリスより遥かに美味しい。

なので、筆者は、アイルランドには、比較的親しみを感じています。

行ったことの無いみなさんは、イギリスの方に親しみを感じている人の方が圧倒的に多いでしょうけれども。

オランダは、料理は質素ですが、乳製品と食肉加工食品のレヴェルだけは異常に高いです。
あと、パンとスープも比較的美味しい。
それ以外は、全然ダメだけど。(凝った料理とか)
でも、ある意味、牧畜を前提とした、まともな食事な感じはするのです。

国境を超えてベルギーに行くと、料理の全般的なレヴェルが全然高くなるのが不思議なわけですが、

ラテン系は、概ね好印象の場所が多いです。(もちろん、一部感じの悪い地区もありますけれども)

イタリアとか、魚屋に並んでいる魚が、日本の魚とほとんど全く同じ時点で親しみを感じます。
海岸線とか、伊豆みたいだし。


もちろん、泥棒が多いとか、嫌な部分も沢山あるのですが、総体的に見ると、やはり親しみを感じますね。
やはり、料理が美味いということが大きいなと。

料理が美味いというのは、筆者にとって、親しみを憶えるかなり決定的な要因です。


それは、生きることの根本に関わる問題だからなのだと思います。

モンサントとかカーギルのような巨大企業が、食物を独占しようとするのは、彼らが、美味しいものを食べたいという欲求が無いからなのではないか?と、筆者は、感じています。


美味しいものを食べるためには、巨大企業の独占は、害にしかならないのです。

美味しいものを食べたい人達にとって、そういう選択は、あり得ないのです。

コメント

_ 元・米国かぶれ ― 2016/03/27 23:24

こんにちは、久し振りにコメント致します。

もう一昔以上前に米国から帰国しましたが、数年ほど仕事と勉強のためにTXとCAで暮らしていました。 この記事の内容には、概ね激しく同意ですね。

最近の中国には畏怖の念がありますが、嫌悪と言うほどではないかと思います。

どんなビザとかで滞在してるのかも知りませんが、私の周囲も中国人が凄く増えてて、このまま日本を乗っ取られるのかもと感じることすらあり、やはりそういった事態は避けたいですね。

でも、個々の中国人には、それほど嫌悪感などはありません。

逆に、ご指摘の通り、アベシンゾーは顔も見たくないし、声も聴きたくない。
これはハッキリと嫌悪感です。もう、生理的に受け付けないですね、あのクズ男。

自民党の支持率なんて、アベノミクスで絶大な恩恵を受けている極僅かな富裕層とか経団連、官僚のお偉方とかによるものだけで、絶対に1桁台だと思います。

米国やその文化に対する、憧れや親しみみたいなものはまだありますが、NWOとかジャパンハンドラーの存在や日本の扱い方、不正選挙などを知るようになって、少なくともそれらに対しては許せないという感情を持つに至っています。

マイケル緑とか、リチャード何とかっていう禿ゴリラ(笑)とか。。。シープルが1億人いて、GMOや放射能まみれになっても、叩けばいくらでも貢ぐ米帝の植民地くらいにしか思ってないんでしょうが、もう、いい加減にしろと言いたいですね。

最後に、米国の中部~西部の薄っぺらさというか、虚構のような感じを、ある日系人の女性が昔表現、形容していた言葉は、"plastic"でした。

その当時はTXにいて、その女性もそこで生まれ暮らしていた方でして、なんだかピンと来なかったのですが、今では何となくですが、分かる気がします。

ニューヨークやボストン、シカゴ、等、米国でも歴史が比較的ある都市は、中西部の新しい都市とやはりちょっと雰囲気が違うなと思います。

しかし、西海岸のあのカラッととした気候とか、若干名の知人(元同僚とか上司とか…)の存在もあり、私の知る等身大の良き「アメリカ」は今でも嫌いではありません。

_ ミセス ― 2016/03/28 22:00

私の周りには、中国嫌い、韓国人はもっと嫌いと言う人ばかりです。
私は世界は2種類の人間しかいないと、話します。
善人と、悪人です。
そうすると、皆納得してくれますよ。
日本でもそうでしょう
日本人は、古くから中国料理、西洋料理、スパイシーな、インド料理も食べ、最近では韓国料理も、食べます。
世界中で、家庭料理が国際的なのは素晴らしいですよ。
主婦は調味料を整えるのは大変です。
スパイシーな料理はアジア、中東や、北アフリカにもあり、旅行しても困りません。
食べ物は人の心を必ず動かします。そう思いませんか?
テレビのニュースで、流されるプロパガンダを信じなくなれば、もっと自分の心を知るはずだと思います。

_ HiBlank ― 2016/04/02 08:22

>日本人は、中国に親しみを感じているか??
>よく考えると、深い部分でめちゃめちゃ結びついているということに気付くという感じか。
そういえばですが、「日本=単一民族」みたいな幻想を真面目に信じちゃえるという不自然さに
気づかない人が多いように思うんですが、これも多分明治あたりか戦時中あたり以降の捏造史観なんじゃないのかなと。

そもそも日本人って青銅器とか須恵器とか土師器とかの頃から大陸系の技術を学びつつ、
民族的にも大陸系の人と緩やかに混血してきたのが本来の歴史だったはずなんですよね。
遺伝子的な面でみても、日本人は耳垢が乾いたタイプの人が半数くらいいるんですが、
世界的には耳垢はウエットなタイプの人が普通で、中国で突然変異した少数の
グループだけが乾いたタイプの耳垢をしているのです。
なので、「耳垢が乾いたタイプの人は大陸北方系の騎馬民族がルーツ」なのは明白だったりとか。

まぁそうは言っても文化大革命後の中国に親しみを持てないというのは自分もわりかしありますし、現地の人でも多分にありそうですけども・・・
大戦後の極東アジアの分断統治を目的とした歪曲された世界観が各国での教育に食い込んでいるんでしょうね。

まぁ、反面ネトウヨに関しては反ロシア・反AIIB・NATO支持とか、いかにもな論調の工作発言が混じるのでバックが分かりやすいような感がありますが。

話は飛びますが、イギリスがメシマズ大国なのは名探偵のポワロさん(設定上ベルギー人の美食家)も言っていたので100年前からそんな感じなんだと思います。
(ベルギー=メシうまもアガサ・クリスティの実感でもそのまんまだったということではないかと)

_ velvetmorning ― 2016/04/02 13:45


日本人は、島になった縄文時代からそもそも混血ですよね。
で、日本人の顔を見てみると、実に様々な顔つきをしています。
南方系も北方系も、ヒマラヤ方面から来た人も騎馬民族系も、様々な人が居て、それらのミックスです。
筆者も、先住民と大陸系から来た人のミックスなんじゃないかと思います。(食べ物の好みやアルコール適正などを考えると。。基本は魚食系ですが、80%米食べてますがパンや麺類も好きですし、羊肉やヨーグルトも好きなので、完全にミックスですね。さらに芋類も好きだし。果実も好き。

なので、どこの勢力とも敵対出来ないのですが、この思想とか食べ物とか人種以外は許さないみたいな極端な発想には、肉体が激しく拒絶します。(雑種なので)

こんな調査もあるそうです。
縄文期は争い少なめだった? 暴力死亡率1%台 岡山大教授ら人骨分析
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00010004-sanyo-l33

イギリス人がメシまずについては、興味深いことが様々分かってきたので、別にエントリ立てます。

_ velvetmorning ― 2016/04/02 13:48

あと、中国ですが、漢民族も完全に混血らしいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック